川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「分からないなら先生に聞きなさい」と言う親

 

 

 

「この問題、分からない!」

 

と子供が言ってきたら

 

「え?だって授業でやったんでしょ?しっかり聞いてなかったんじゃないの?分からないなら先生に聞きなさいよ」

 

そう答える親は多い。

 

 

分からなければ聞く。

 

これは正解だ。

 

僕自身、この「なぜ君は60点なのか」という動画でそう話している。

 

 

 

しかし、ただ「分からなければ聞け」とは言ってない。

 

そこがポイントなんだ。

 

 

いいかな?

 

 

分からない→聞く

 

 

このルートは正解なんだ。

 

 

でもね、まず我が子の勉強に対する能力や意欲をよく把握してほしいんだ。

 

 

明らかに「上位」だろう子に対しては「じゃあ、先生に聞いたら?」は正解。

 

 

しかし、「中位」「下位」の場合はダメだ。

 

 

まずこの層にいる子達の大半は、その問題を考えてから「分からない」とは言ってない。

 

 

見た瞬間に「分からない」と言っているんだ。

 

 

例えば国語の文章題

 

f:id:goumaji:20211009082415j:image

 

これをパッと見た瞬間、「分かんねー」と言う。

 

 

何という速読力と高速思考力…笑

 

 

読んでない

 

考えてない

 

 

その時点で「分からないなら先生に聞きなさい」ってアドバイスは、無意味どころか逆効果だよね?

 

 

 

まず読め

 

まず考えろ

 

 

 

だよね?

 

 

 

そこをしっかりと見極めてほしいんだ。