川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

川越にある松江塾!代表真島による何でもブログ!

2024-01-01から1年間の記事一覧

【優先順位】なぜ「AI」を教育に持ち込めないのか

可能性は確かにある。 その可能性が教育と親和性が高いと思うのもわかる。 しかし 大体そう考えているのは子育て経験がないか、少ない男の人たちではないかと思うのだ。 例えば何かの課題やテスト 提出の向こう側に「AI」だけがいるのと、「生身の人間」がい…

【絶対にズレる】親の期待と子供の頑張りは絶対に一致しない

アスリートの食事制限と、あなたの食事制限を考えてほしい。 アスリートは食事と自らのパフォーマンスに関して、 その体感を持って熟知している。 それに対してあなたはどうだ? 「最近、体重が気になるから今日はご飯軽めにしておこうかしら」 とか? それ…

【頭の中】講演会慣れしてきた?笑

これが昨日の講演会の下書き。 あくまでも塾の先生向けの話。 何か参考や刺激になれば良い。

【みんな違う】大人だってこれだけ違うのだから

30枚くらい名刺をもらって その方達とのやり取りを思い出している。 年齢も性別も違う。 やっている塾の場所や形態も違う。 経験や信念も違う。 同じ「塾」という世界にいるのに、こうもバラバラなんだね。 そりゃ生徒も保護者もそうだよな。 バラバラ な…

【言葉は個人差がでかい】大人でも、プロでもそうなのよ

僕ら塾講師はある意味言葉のプロである。 限られた時間で、限られた話題について限られた人に話をする。 生徒だったり、 保護者だったり 同業者だったり その時、浮き彫りになるよね 個人差が。 コミュニケーションって、相手が何を欲してるか どんな時間を…

【懇親会】全国から!

國立先生にお呼ばれした塾フェス 無事に終わり、これから懇親会。 1人でも多くの人達と話ができたら良い良い。 それにしても、個人塾の塾長達は熱いよなー 楽しみだ。

【喋ってきた】いつもの授業のように

50分間、あっという間だったなー 話したいと思っていたことはほぼ話せたかな。 最後はなんと! みかみ先生と話もできたし! どんな世界でも 考え 見て 行動する そういう人達が動かしてきたんだ。 これまでも これからも、ね。 だから今日あの場所にいた数…

【今日は名古屋】さーて、何話そうか

愛知のさくら個別、國立先生にお呼ばれして登壇させていただく。 それが今日である。 父がいつ、というタイミングであるが 頼まれごとは試され事、である 全力で僕にできることをやる。 一応、来てくださる塾関係者の中で僕は「ベテラン」になるんだろう。 …

【川の字】ゲラおが一時帰宅

来週月曜日から関西で本格的に働き始めるゲラお。 入社直後から始まった横浜での研修を終え、昨日は酔っ払って帰宅した。 同期達との打ち上げ、という感じだろう。 ゲラおの部屋はすでに荷物が運び出され、ベッドにも布団はない。 だから我が天使な奥様のベ…

【人生の密度】詰め込んだほうが人生長くなる

僕には尊敬すべき知り合いがたくさんいる。 それぞれの道で何かを成し遂げた人、成し遂げ続けている人たちだ。 時間の限られた人生 たった一度きりの人生だ 毎日毎日やることがたくさんある、濃い時間が多ければ多いほど 人生の密度は高くなる。 何もしなか…

【行動を整える】自分のやることを全てテーブルに並べてみる

具体的に、という話じゃないよ。 自分にとって今やるべきこと、やりたいことを明確に言語化して列挙してみること。 毎日やるべきこと 1週間に一度はやるべきこと 1ヶ月に一度で良いもの 毎日やりたいこと 1週間に一度やりたいこと そういうものを明確に言…

【川越BASE】あれよあれよと10個のトークルームができた

これ 注目して欲しいのが「おやっち雑談部屋」である。 川越BASEの保護者の方、つまり「おやっち」と僕、横幕先生が入ってる雑談部屋だ。 松江おぷちゃの玉露版、とでも言えばいいかな。 濃厚で 極上 ここだけで話されるいろんな情報 松江塾の最深部、と言っ…

【末路】自分でやらない子の進む先に何がある

いろんな子達を見てきた 松江塾を通して、に限られるが。 結果的に自分でやれない子達は途中で退塾していくから、僕の目には自分で頑張る子達しか入ってこない。 アルバイトに来てくれる子達も多いが、 世の中の若者たちがみんなこんな感じなら日本は相当強…

【減らせ】やることは増やすな

学校の授業 まずこれが何よりも大事。 そして松江塾の文系、理系のそれぞれの授業 自学時間の課題。 毎日シリーズ そして ペナテスト! 中学の間はこれだけで十分だ。 これをそれぞれ完璧に仕上げようとすれば もう他の教材など入る隙間がないはずなんだ。 …

【すごいなぁ】父の見てきた世界

赤くピン留めされているところが父の行ったところだそうだ。 英語もロシア語もできる父 その目で見てきたものは宝物なのだろう。

【頑張りたい高校生集まれ】川越BASEオンラインの入塾条件変更

うむ 4つの部活が出来上がり、毎日BASE生達が頑張って部活動に勤しんでいる。 その姿を見ていると、在籍している高校は特に問題ではなく いかに毎日コツコツできるか 結局はこれなんだと分かる。 ということで、川越BASEオンラインの入塾条件を変える。 高…

【弛む中2へ】ペナテストについて

以下、中2本科に送信。 ペナテスト 国語は語彙力と思考力、技術力を育みます。 これは国語の点数云々のためだけではなく、社会で他者とコミュニケーションを取りながら生きていく上で不可欠な力です。 言葉を知らないということは、その言葉が存在している世…

【夫婦ラジオ】子が巣立っていく親の気持ちを

真島夫婦、語ってみたよ。 ゲラおが関西に飛んでいく。 それを、僕はどう思うか。 我が天使な奥様はどう思うか。 夫婦でも、なかなかに違うもんだね。 おもろかった!

【幸せは、その中にいると気づかない】夫婦2人の時間が増えて思うことがある

ゲラおがこの家からいなくなる。 いや、もうすでにいない。 そしてなし子は今まで通り遊びまくって終電帰宅生活が連続何日… という感じだ。 つまり 夫婦二人だけの夕食 がとにかく増えた。 これまで真島家は夕飯時にみんなでわちゃわちゃおしゃべりするのが…

【どんな業界でも】学力は必要なんだよな

引越し業者への荷物引き渡しが終わった。 引越し業者さんって、いつも2人でペアを組んでいて大体どちらかが先輩。 今日もそう。 爽やかな感じの小柄な先輩と、少し若い大柄な後輩。 小柄でもヒョイヒョイと荷物をトラックに入れていく先輩。 その指示を受け…

【人生初体験】ゲラおの生活が遠くへ飛んでいく

今はまだ横浜で研修中のゲラお。 来週の月曜日からは関西で逞しく一人暮らしの開始だ! 今日はその荷物の搬送日。 会社が手配してくれた引越し業者が荷物を取りに来てくれる。 事前にゲラおからリクエストされていた荷物を、業者から送られてきた段ボールに…

【継続を継続する】うむ

歩くと思考が進む。 ブログを書くのと同じだ。

【気合い入る】塾の先生が松江塾に入塾

なんかね、最近多いのよ バキバキのプロ講師の松江塾入塾が。 今年も数人。 オンラインだし、顔出ししなければその生徒が何歳なのかなんて誰も分からないからね。 高校生で中1の最初から納豆英文法を学び直してる子もいるし、主婦の人もいる。 なんと 70歳…

【毎年のこと】自学時間に中1がうるさいそうだ

ほほう まだまだ自学時間にやることが多くない中1達 さらに中学校生活が始まったばかりだからね そりゃざわつくか。 毎年のことだから特に驚くこともない。 というか、そういう学年のほうが後々伸びるんだよね。 ただ、せっかくの自学時間だ 今後やるべきこ…

【納豆英文法】とにかく全ての理屈を日本語で言語化!

昨日の中1は前置詞2回目。 一覧の薄皮一枚がスタートしたので、来週あたりにはほとんどの子が前置詞と友達になるだろう。 でもね、前置詞はその全ての意味を覚えて終わりじゃない。 文の中でどう使うか どこにそのひと塊りを置くか その時のルールを徹底し…

【前置詞制覇に向けて】中1英語は今日から薄皮一枚で攻めていく

まだ学校の英語が始まるのは当分先だろう。 しかーし 松江塾の納豆英文法はどんどん進む。 昨日から前置詞に突入した中1は、ここで一気に前置詞の数を増やす。 こういうものは「薄皮一枚」でやった方がいい。 定着が早くなるからね。

【拝啓】すぐ泣くママ達へ

きっとね いつもいつも、毎日毎日、張り詰めているんだと思うよ。 不安を土台にして、何が正解か分からない模索と試行錯誤を毎日と。 こんなにも あなたのことを思っているのに、その思いがまるで伝わらない。 こんなにも大切で こんなにも大好きで こんなに…

【大体そう】こういう時は「重なる」んだよね

経験上、分かる。 重なるのよ。 今回の名簿の件 父の件 そしてゲラおの一人暮らしの準備 さらに名古屋での講演会 別に辛いことではないが、とにかく重なるってことね。

【学年ビリの正体】トップ校に進学!おめでとう!

例えば埼玉の浦和高校 例えば神奈川の横浜翠嵐高校 例えば東京の日比谷高校 そういうトップ校には一学年に360人ほどいる。 そして日々行われる何かしらのテスト。 当然点数がつき、順位も出る。 360人中 350位 351位 352位 353位 そして 360位 この子…

【中1最大の壁】ついに中1の前に◯◯◯を出した!

いよいよだ 中1最大の壁を昨日の授業からスタートさせた。 それが 前置詞! 私は月曜日に学校でサッカーをする。 このなんでもない文章の中に「奴」がいて そして多くの中1達を「んー?」というモヤモヤの中に引き摺り込んでいくんだ。 私「は」月曜日「に」…