川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

松江っ子達へ。

以下、中3LINEグループへ書き込んだメッセージだ。 名前は○○に変えてあるけどね。 中3生 いよいよ明日が本番だ。 今日話した通り、結果はどうでもいい。 ただ、どうしても受かりたいのなら いつも通りの実力を発揮すること。 いつも通りの実力を発揮するには…

結果が出せなければ見限られて当然

塾は結果を求められる。 当然だ。 僕ら松江塾は、生徒の心に火をつけて 自ら頑張ろうと思い そのために何をすべきか考え、 そして自ら行動する。 そうやって、生徒自らの力で結果を出すように指導する塾だ。 生徒の意思に関係なく知識をインストールし テス…

全国どこでも親は同じなんだな

この数週間で、何十人もの保護者の方からメールをいただいた。 今回連絡をいただいた方とは、LINEで繋がらせていただいた。 その方が動画や資料もお渡ししやすいからだ。 やり取りも残るので便利だし。 そんな「文字だけ」のやり取りの中で どうしても伝わっ…

本日、アクセス爆増の原因は・・・

なんと、お二人のブロガーに記事を紹介していただいたようだ。 こちらと ↓ ↓ ↓ kodama-kodawari.hatenablog.com こちら ↓ ↓ ↓ g3-gumi.hatenablog.com 何とも嬉しいことである。 人類が生み出した無敵の英知、 それは「文字」である。 対面の生の言葉に負け…

はい、親も育ちます。育てます。

我が子の受験なんて 生まれて初めてなんだから。 親だって、何かから学ぶんだよ 試行錯誤して 上手くいって 失敗して そこから学んで次に進む。 問題なのは それをママ独りが抱え込んでることが多いってこと。 子供の勉強や受験には その道のプロが不可欠。 …

毎日剛太郎18

中3生 おはよう。 入試3日前だ。 この3日前という日に ガッツリ祝日があることは 多くの受験生にとって「チャンス」でしかない。 その気になれば、17時間くらい勉強ができるんだから。 君達がどうかは分からないが 冗談抜きで、今日という日の頑張りの…

毎日剛太郎17

中3生 ちょっとだけ嫌な話かもしれない。 毎年、松江塾から公立高校を受けて 残念ながら不合格になる者がいる。 人数と志望校のレベル、倍率を考えれば 全員合格!というわけにもいかないのが現実だ。 もちろん落ちて私立に行き、そこで頑張ることに変わりは…

毎日剛太郎16-1

毎日剛太郎16

中3生(埼玉) おはよう! いよいよ「最後の日曜日」の始まりだ。 やるべきことを間違えてはいけない。 前にも書いたが この直前期になると、 「最後の総確認」 なんてワードがそこかしこで見られるようになる。 しかし、公立入試は巨大な期末テストのようなも…

毎日剛太郎15

中3生 おはよう! 土曜日の朝だ。 分かってるとは思うが、受験前最後の土曜日だ。 これを書いている今、朝の7時だ。 単純計算で、夜の11時に寝るとして… あと16時間ある。 君達の自学力を持ってすれば、全て勉強に打ち込める時間だろう。 そこから食事…

毎日剛太郎14

中3生 いよいよ本番は 「来週の明日」だ。 つまり 1週間後のまさに今日、今この瞬間が 「さ!明日に備えて寝るか!」 という瞬間なのである。 木曜日金曜日土曜日日曜日月曜日火曜日水曜日 そして 木曜日 この1週間で 根こそぎ抜いてやれ 前を歩くライバル…

毎日剛太郎13

中3生 実は今日、高校生の子から大学入試の結果報告があった。 これまで滑り止め校は合格を得ていた。 しかし 今日発表の大学は不合格。 その大学は 熱望していた第一志望の大学だったんだ。 どんなに熱望し どんなに頑張っても 落ちることがあるのが受験だ…

毎日剛太郎12

中3生 一つ、大事な話をしておこう。 これは前から言ってることだが 4ヶ月後、1学期の中間テストがある。 高校の定期テストは、中学と全く次元が違うものだと思って欲しい。 中学では、「ある程度分かっていることを反復しながら覚えていく」という勉強だ…

毎日剛太郎11

中3生 埼玉は倍率が出た。 毎年倍率が出ると一喜一憂する者がいる。 高ければ受かりにくいと思い 低ければ受かりやすいと思うのだろう。 特に高倍率にビビっている子達 よく考え欲しい。 倍率がどうなろうと 合格者の人数は変わらないのだ。 なんてことはな…

毎日剛太郎⑩

中3生 出願の日が近い。 願書を出すと言うことは その高校に 「僕を判定してください」「私を判定してください」 と言うことではない。 「この俺を選ばせてやる」「この私を選ばせてやる」 本気の努力を積み重ねてきた者は、その気持ちを抱く資格があるんだ…

毎日剛太郎⑨

中3生 これから入試までの間に、君達の「勉強中の後ろ姿」の写真を撮らせてもらう。 どのタイミングかは分からないが、君たちが一番集中している後ろ姿を、だ。 その写真 心の底から欲している人達がいる。 誰だかは言わなくても分かるよな? 何の躊躇もなく…

毎日剛太郎⑧

中3生 この時期になると、「最後の仕上げ」「総確認」「細かい知識の確認」といった勉強にシフトするものがいる。 では聞こう。 「期末テストまで2週間以上あるのに、総仕上げするか?」 「期末テストまで2週間あるのに、細かい知識の確認するか?」 もち…

毎日剛太郎⑦

中3生 今年、公立に挑むのは33名。 その志望校の倍率を平均すると、「約1.5倍」である。 単純計算をすれば、 22人が受かり、 11人が落ちる。 受験生は誰だって本気だ。 その高校に絶対に行きたいんだから。 学力も僅差 気持ちも僅差 だから、残念だ…

毎日剛太郎⑥

中3生 落ちることは怖くはない。 本当に怖いのは もっとやれたはずだと 後悔をしてしまうことである。 これは一生君達の脳みそにこびりつく記憶となる。 一生、「本当は受かる実力があったのに」と言い続けることになるのだ。 これが一番怖い。 やれることは…

毎日剛太郎⑤

保護者の方々 我々の子供は、いま人生で初めての壁に向かって頑張っています。 見たこともない壁です。 まだ視界にすら入っていない壁です。 その想像でしか見ることのできない壁に向かって、 脇目も降らず全速力で走っているのです。 我々はそんな我が子ら…

毎日剛太郎④

中3生 第一志望の高校 受験する者は誰しもが受かりたいと本気で願っている。 そしてその者の両親も我が子に受かって欲しいと本気で願っている。 全員が本気なのだ。 ではなぜ落ちる者がいるのか。 落ちる者は本気の願いが足りなかったのだろうか。 違う 落ち…

毎日剛太郎③

中3生 今日話したように 東大入試、仮に2回目をやると合格者は3分の1が入れ替わるという。 どういうことか。 つまり それだけボーダーライン上では勝負は拮抗しているということだ。 自分がどの位置で入試本番の日を迎えるのか。 今日、1時間、1分、1秒 …

毎日剛太郎②

中3達 志望校は逃げない。 何年も何十年も前から同じ高みで受験生達に突きつけるんだ。 「うちの高校に来るのなら、それだけの知識を持ってこい。それだけの問題が解けるようになってこい」と。 だったらやることはひとつだ。 その要求に真っ向勝負! 大丈夫…

毎日剛太郎①

合格は 誰かが決めるものではない。 今、君達の目の前には 全教科全範囲全単元全問題全解答全解説 入試に出るであろう全てがあるんだ。 それら全てを自身の血肉とし 試験本番 合格最低点を取れば合格なのである。 残された時間 それをどう使おうと それは全…

猛者高校で勝てるのは猛者

高1、高2は定期考査直前だ。 C館の高1軍団も勉強の熱が数度上がったのを感じる。 しかし ここ2日、ある生徒がこんなLINEを送ってきていた。 あのトップ高のトップの子である。 これがトップ高のトップなのかと考えると 必死こいてその高校を目指している子…

「震える!」の言葉の向こう側

昨日の小4生はランキング本番だった。 理系、文系合わせて2時間。 途中、五分の休憩はあるが ぶっ通しでテストのみだ。 小4生は人数も多く、そのランキング結果にはいろんな情報が詰まっている。 今年の中3は、約半数が御三家と川高川女を受検する。 同レ…

新中1、締め切りまで「12」日だ。

毎日のように、新年度の英語のテキストを眺めている。 見れば見るほど、壁は高くなる一方だ。 とんでもねえな この一言に尽きる。 しかし だからと言って無理だと思うわけではない。 松江っ子は教科書が変わろうとも 学年1位を目指さなければならない。 そ…

頑張る子達の低学年化

中学受験をしない子達が集まる塾なのに 松江っ子はどんどん頑張る子達の学年が下がっているような気がする。 しかし それは絶対に良いことだよ。 まだ学ぶ内容が簡単な小学生のうちに、 完璧にできる 簡単すぎる という感覚を持つんだよ。 それがプライドポ…

小4ランキングテスト!

さあ! 本番だっ! 小4として過去最高人数を更新した子達だ。 その熱量も半端ないね。 文系は国語と英語のみ。 国語は全て小5の内容、漢字も文章題も。 1学期分くらいの先取りだね。 英語は松江塾オリジナルのフォニックス問題。 この問題ができると、英語…

自学力の発芽

それはね 本人がある程度追い込まれてるのに 周りが何もしてくれない状況。 それが絶対に必要なんだ。 え? どうしよう 時間ないかも どうしたらいい? 誰にも聞けない 誰も教えてくれない どうしよう どうしよう この、完全に自分しか頼れない状況ね。 今の…