川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

我が天使の笑顔の下にある鉄の意志とは

 

 

 

昨日のプレの終了後

 

ある子が泣いた。

 

プレっ子の下の子、幼稚園児だ。

 

付き添いでお母さんと一緒に来ていたのだが

 

授業後のくじ引きを引きたくて泣いたのだ。

 

我が天使な奥様はこういう時、「ある明確な基準」を発動させる。

 

それは

 

「ワガママを感じたら絶対に通させない」

 

しかし

 

「そのワガママを我慢していたらさせてあげる」

 

という基準である。

 

この基準は絶対であり、ゲラおとなし子の子育て中でも、一度たりともブレた姿を見たことがない。

 

昨日もその基準が発動。

 

そしてこういう時、天使は必ず「超笑顔」なのだ。

 

 

目の前に泣き叫ぶ子がいても、満面の笑み。

 

「そっかー、嫌だよねー。我慢できるかなー?」

 

と言い、目の前で泣き叫ぶ子の涙をティッシュで拭いとりながら超笑顔。

 

30分は泣き叫んでいただろうか。

 

その間も一度たりとも笑顔は消えない。

 

手を変え品を変え、言葉を変えながら

 

その子の「我慢」と「覚悟」を引き出す。

 

 

そしてようやくその子は泣き止み、小さな我慢をし、天使の基準を満たし、くじ引きをゲット。

 

 

その後、その子達は帰り、僕と天使は塾を出た。

 

駐車場に向かう間、僕が言った。

 

「お疲れ様。大変だったねー」

 

と。

 

 

すると天使は相変わらずの満面の笑顔で言ったんだ。

 

「今日はあのまま3時間でも4時間でも5時間でも粘るつもりだった。泣き疲れて寝ても起こして我慢させるまで続けるつもりだった。あそこで折れたらあの子のためにならないから。」

 

 

 

うん

 

これだ。

 

 

ゲラおとなし子の時、何度も聞いた言葉。

 

 

子育てには、親の覚悟がどうしたって必要になる。

 

 

その覚悟は行動を伴わなければならない。

 

 

全ては「我が子のため」なのだ。

 

 

 

 

我が子のためなら、親はなんだってやれるんだ。

 

 

 

いや

 

 

 

やらなければならないんだ。

 

 

 

 

我が子のため

 

 

 

だからね。