川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

語彙力不足の原因は

 

昨日の夕食時、いつものように僕の前には天使な奥様が座り、その横にはなし子が座っていた。

 

なし子はすでに夕食を食べ終えており、パソコンの画面を見たり、スマホを弄ったりしていた。

 

そのなし子を見て、天使が言ったんだ。

 

「いいなー、なし子。白魚みたいな手をしてて。いかに家事をやってないかの証明だよねー」

 

するとなし子

 

「は?しらうお?魚?え?」

 

どうやら、褒め言葉として言われたことすら理解できなかったようだ。

 

「おー、白魚のような手って言葉を知らないのかー」

 

僕がそう言うと

 

「おん。しらんわ笑」

 

と答える大学0年生なし子。

 

このブログの中で、ずーっと一貫してなし子の語彙力のなさを書いてきたが

 

未だにその語彙力は貧弱なままである。

 

 

ずーっと疑問なのだが、なぜ真島家に生まれて語彙力が貧弱なのか。

 

家族4人の会話量は、その辺の一般的な4人家族と比較しても格段に多いはずだ。

 

僕は読み書きが大好きだし、我が天使は本の虫。ゲラおに関しては本こそ読まないが、国語力はモンスター級なのに。

 

なぜなし子だけが、極端に語彙力が足りてないのだろう。

 

 

夫婦で話していると、行きつく結論は同じ。

 

 

幼少期、ゲラおの返しがあまりに年齢を飛び越えていて、ついつい会話の中心にゲラおを引き摺り込んでいた。

 

その結果として、なし子はそこにいるだけになり、

 

僕ら3人の会話のレベルがなし子にとっては理解できないだけではなく、

 

そもそも面白みを感じられなかったのではないか、と。

 

人の会話に面白みを感じないのであれば

 

口から発せられる情報に期待も持てない。

 

結果、語彙の増強がなされなかったのではないか、と。

 

 

今、ゲラおは勉強で忙しく、なし子は暇になった。

 

 

最近天使がよく言う。

 

 

「なし子、最近面白いんだよねー♫」

 

 

ようやくここにきて、語彙力が追いつき始めたのかもしれない。

 

 

 

指が魚だということには納得がいかないようだけども笑