川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

子供を信じて見守る、とはどういうことか

 

我が息子、ただのゲラお

 

高1の1学期、中間考査

 

Cランカーであった。

 

これは浦和高校

 

上位30〜50%

 

に入っている、ということである。

 

そして期末考査

 

Eランカーであった。

 

これは浦和高校

 

上位70〜90%

 

に入っている、ということである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、バリバリの下位層である笑

 

 

 

 

僕の手元にある定期テストのデータは、ここまで。

 

 

つまり、

 

 

これ以降のテスト結果は

 

 

何も知らない

 

 

のである。

 

 

高3になって模試の結果は見せてもらったけどね。

 

 

 

ここからどうしてゲラおは現役で一橋大学に受かったのか。

 

 

 

 

僕らは家族の会話の中で

 

 

僕「君は頭良いからなんとかするんでしょ?」

 

ゲラお「ふっ、まあな♫」

 

奥様「もう早稲田とか慶應でいいじゃん」

 

ゲラお「私文は行かないよ」

 

僕「お?東大っすか?」

 

ゲラ「ふっ、まあな♫」

 

 

 

そんなふざけたような話がほとんどだったかな。

 

 

つまり、心の底から

 

 

ゲラおなら何とかするんだろうな

 

 

としか思ってなかったんだよね。

 

 

こう書くと、

 

「浦和に受かるくらいなんだから、もともと頭がいいんでしょ?」

 

 

って言う人、いるよね?

 

 

 

ゲラおは松江っ子だから

 

たしかに「自学力モンスター」になってたよ。

 

 

でも

 

 

Eランカーだから笑

 

 

もともと頭良いんじゃなくて

 

 

自学で点を伸ばして浦高に受かった、ってことじゃない?

 

 

もともと頭が良いなら、授業受けてEランカーなんてならないから!

 

 

やれば伸びる

 

やらなきゃ伸びない

 

 

結局、そういうことよね。

 

 

親の言葉は、子供の心身を健やかに整えるために使ったとき、

 

最強の力を発揮するんだ。

 

 

逆に子供を無理に頑張らせようとする時

 

子供の心とやる気をズタズタにするのに最強の力を発揮する。

 

 

そう思うよ。

 

 

 

待つしかないよ

 

 

その日が来るまで。

 

 

 

親の言葉の威力

 

 

その方向性を間違えないように。