川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

浦和高校と大宮高校、どっち

 

これはかなり迷う人は多いはずだ。

 

塾生でも毎年いるからね。

 

で、最終的には

 

ハードな運動と浪人OKなら浦和

 

共学と現役進学なら大宮

 

みたいな雰囲気が出来上がっているように思う。

 

我が家の場合はもう浦和高校に3年間通い、

 

そのあまりにも強烈な環境と伝統を親子共々感じてしまったので

 

あと5人息子がいても全員浦和高校を選ぶだろうが、

 

これから選ぶ、という人達にとっては

 

やはりなかなかに迷う部分も大きいだろう。

 

 

一番大きいのは「浪人率の高さ」かな。

 

浪人するのは親じゃなくて子供。

 

今、世の中は大手予備校が校舎を閉鎖するくらい浪人が減っていて、

 

気がつけば自分の息子だけ浪人してる、なんてことも珍しくないだろうからね。

 

これは親としてはなかなかにきついと思う。

 

 

でもね

 

実際に浦高生の話をゲラおから聞くと

 

浪人しても全くヘッチャラみたいなんだよね。

 

なんか浦高での3年間が、そういう強さを形作るみたいな感じに近いかも。

 

 

ゲラおも当時、一橋には落ちる可能性も感じていて、

 

「落ちたら浪人して東大行くわ」

 

ってひょうひょうと言ってたしね。

 

中学生くらいまでは失敗することを極度に恐れてなかなかチャレンジすることをしない子だったんだけど、

 

やはり浦高の3年間で鍛えられたように思う。

 

 

さらにいうなら、

 

東京一工を目指すのなら、浦和と大宮どっちに行っても現役はギリギリ。浪人覚悟でぶち当たっていかないと無理な領域だしね。

 

あとは、モンスターの人数の違いはあるかも。

 

大宮の理数科は確かにモンスター揃い。

 

しかし1クラスしかない。

 

浦和の場合、それ級のモンスターが3クラス分くらいいるイメージかも。

 

そういうモンスターと同じ空間で学ぶことは諸刃の剣。

 

 

上には上がいるって分かって心折れる子もいるからね。

 

 

 

さて

 

 

います迷っている人達はどっちを選ぶのだろう♫