川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

埼玉県上位進学校の本当の難関大現役合格力

 

調べてみた。

 

Sランク大

東京大
京都大
一橋大
東工大
大阪大
東北大
北海道大
名古屋大
九州大
神戸大

 

 

Aランク

筑波大
東京外語大
慶應
早稲田大
横浜国立大
お茶の水大

 

 

前にも書いたが、これは浦高生であるゲラおの意見が大きい。

 

友達の受験の様子から、浦高生が価値を置いている大学順、ということだ。

 

どうしても「国立大に行くべし!」という空気の高校なので、こんな感じになるんだろうね。

 

さて、

 

その上記大学に、「現役」で進学している人数を調べ、

 

在籍生徒数の何%に相当するのかをランキング形式で書いてみる。

 

  S A
浦和 24.30% 38.10%
大宮 15% 36.30%
浦和一女 7.30% 25.10%
春日部 9% 25%
市立浦和 6.30% 24.70%
川越 6.60% 22.30%
栄東 4.90% 20%
開智 4.70% 16.40%
大宮開成 2.20% 13.50%
川越女子 1.80% 12.50%
越谷北 1.70% 9.50%
1.60% 8.70%
川越東 2.30% 7.40%
所沢北 0.80% 6.40%
不動岡 1.70% 6.40%
浦和西 0.60% 4.70%
熊谷 0.60% 4.70%
星野 0.10% 1.40%

 

さあ、大変だ。

 

入ってからの頑張りが全てだってことだ。

 

あ、そうそう。

 

前にも書いたと思うが、栄東は医学部進学の人数が飛び抜けて多いので、

 

実際の現役合格力というか、上位生の人数はもっと多くなるとは思う。

 

「人的環境」こそ子供を伸ばすために一番必要なことだからね。