川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「でもとにかくあの高校へ」は間違い

 

受験が近づいてくると、親の気持ちは穏やかではなくなるものだ。

 

一定数、こう考える方々がいる。

 

「とはいえ、やはりあの高校に行かせたい。何としてでも。入ってしまえばなんとかなるはずだから。だから何をしてでも…」

 

この気持ち、同じ親としてものすごく理解はできる。

 

きっと頭の中に描く「あの高校」は、そういうレベルの子たちが多い。

 

だから我が子もその環境の影響を受けて頑張るだろう…、と。

 

しかしこれまで多くの生徒たちを見てきて、

 

残念ながらこれは間違い。

 

というか、方法を間違うと

 

「え?あの高校なのにその大学?」

 

という、親としては耐え難い結果が襲ってくるのだ。

 

スポーツで言うなら「ドーピング」が分かりやすいだろう。

 

オリンピック選考の試合でドーピングをする。

 

選考試合では検査がないからだ(ここだけの仮定ね)

 

しかしオリンピック本番には検査がある。

 

「選考を通らなければ、これまでかけてきた時間をお金を無駄になるし、まずオリンピックに行かなければ「ただの得意な人」で終わってしまう…。とにもかくにもまずオリンピックに行くことが大事!」

 

それを親心と言えるのかは別として、やはりこういう思考に進む気持ちだろう。

 

それで見事に選考突破。

 

晴れてオリンピック選手になり、記者会見。

 

マスコミにも取り上げられ

 

そんな我が子の姿に目を細める。

 

そしてオリンピック本番

 

当然、ドーピングは不可能。

 

さあ、どーなる?

 

可愛い我が子は全国民が注目する中で、どーなる?

 

予選最下位

一次予選で敗退

まさかのダブルスコア

画面にも映らないほど遅い

周回遅れ

無名選手に負ける

 

からの帰国。

 

空港で出迎えるマスコミ陣。

 

メダルを取った選手にカメラが集まる中、硬い表情で足速に通り抜ける我が子。

 

数日後、どこかのメディアが気づく。

 

「選考会の時と比べて、本戦であまりにも遅くないか?まさかドーピング?」

 

と。

 

 

 

 

 

確かに塾で直前に「本番そっくり模擬」みたいな講座を7回も受けて、予想問題を徹底的に解き、

 

その中の何問かが本番でも出た!

 

って言ってたな…。

 

「これだけ覚えれば大丈夫!」

 

と塾の先生が用意した理社のプリントを覚えまくってたな…

 

そうやって突破した高校入試

 

合格の時のあの喜び具合

 

良かった♫

 

あの塾で正解だった♫

 

 

 

 

 

さあ5月だ

 

いよいよ初めての中間考査

 

 

これで

 

国公立大学

私大推薦

私大一般

 

 

このルートがほぼ確定する。

 

 

高校入学から今日まで、我が子はどれだけ真剣に勉強してきただろうか。

 

 

松江っ子の大半が毎日のように塾で自学に没頭し、毎日音読を提出し、毎日勉強報告を積み重ねてきた中、

 

塾で「ドーピング」をさせられてしまったあなたの子は

 

どうだっただろうか。

 

 

入った高校はどこだって同じ。

 

周りの影響?

 

そんなものは幻想に過ぎないことに、今ようやく気づいたのではないか?

 

我が子は我が子なのだ。

 

周りの影響なんて1ミリも受けやしないのだ。

 

 

高校受験は、とにかく「己の力」のみで突破させること。

 

受験までの残り時間、とにかく何度も「己の力の現実」を自分自身で感じさせ、

 

「自分で何とかしなきゃ」

 

と思い、行動させなければならない。

 

 

 

 

なぜ松江っ子がトップ高のトップ層に何人も入るのか

 

 

それをしっかり考えて

 

 

間違った道は、親心を巧みにくすぐってくる。

 

 

 

頭では分かっていても、この親心がざわつくんだー!!!

 

 

というのも分かる!

 

 

 

でも

 

 

 

我が子が可愛いのならば

 

 

 

親は耐え忍んで見守るのが最善!

 

 

 

 

さあ、親!

 

 

歯を食いしばって耐えよう!!