川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

志願先変更で倍率が下がること

 

 

 

公立高校は出願後に志願先の変更期間がある。

 

どうしても公立じゃなきゃいかん!という人達も一定数いることが要因だ。

 

例えば定員360人の高校

 

そこに700人が出願したとしよう。

 

倍率は1.94倍

 

まあ、多くの子がビビる数字だよね。

 

半分近く落ちるという現実。

 

 

これを見てもらいたい。

 

 

f:id:goumaji:20220208111537j:image

かなりザックリした図だが、

 

青い○の中にいる子達は、何回受けてもまず落ちることのない層。

 

そして緑の○の子達が当日の出来次第で合否が分かれる層。

 

東大ですらもう一度入試をやると合格者の3割が不合格になるって話は聞いたことあると思うが、それと同じ。

 

それくらい受験は似た実力の子達の勝負ってことなんだよね。

 

 

そして最後、赤い○の子達

 

志願先変更をする子達の大半はここに属する子達だと思う。

 

出願前、倍率が予想より低ければ…

 

つまり赤い点線がもう少し下になれば可能性もあるかも…

 

という思いで出願。

 

しかし蓋を開けてみれば思ったよりも赤線の位置が高くなった!このままでは落ちる!

 

ということでの志願先変更だ。

 

 

ということは、何が言えるか。

 

 

志願先変更で志願者の人数が減ったことはラッキーでも何でもない

 

 

ってことよね。

 

 

数字見てホッとした瞬間、自分の「頑張る必死な気持ち」は若干減るからね。

 

 

そんな数字は関係ない!

 

 

と肝に銘じて頑張ろー!