川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

黙読より音読

 

6月あたりから始めた「毎日音読音源提出」。

 

今では塾生のルーティーンになっている。

 

学校で学ぶべきことは教科書に書かれていて、

 

学校の授業は教科書で行われ、

 

学校のテストは教科書から出題される。

 

教科書を良く読むこと

 

これは言わずもがな、最重要事項なのである。

 

テスト前に良く言われる言葉

 

「教科書は隅から隅まで全てよく読め」

 

これはテスト勉強としては当たり前の当たり前である。

 

そんな教科書熟読、黙読より音読の方が良い。

 

黙読だと、読むのではなく「見る」だけで終わる部分が必ず出てきてしまうからだ。

 

音読は理解が伴わないことがある、と言われることがある。

 

なるほど、確かに単に文字を映像としてみてそれを発生するだけってことね。

 

これは確かにそうだ。

 

しかし

 

同じものを7日間読むと、そこに理解が伴わないことは不可能になる。

 

まず、読む。

 

これに出すことで漏れなく目を通せる。

 

そして問題を解く。

 

自分が声に出して読んだものから問題は作られている。

 

効果があって当たり前なのだ。