川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

【現松江塾保護者から見た松江塾のリアル】

いつもお世話になっております。
提出が遅くなり申し訳ありません。
やはり、真島先生に直接LINEを送るのに緊張してしまい、書いては消してを繰り返してしまいました。もっと気軽にLINEできるようになりたいです。

●松江塾を知ったきっかけ

通勤で、塾の前の道を通っていました。信号待ちで止まった時に、塾だと気づきました。

●通わせる前のイメージ

夕方、塾の前にぎっしりと並んでる自転車を見てから、更に気になる様になりました。自宅から子供1人で通える距離だし、この塾は気になるなぁーと思っていたので、兄弟のいるママさんやネットで情報収集をしました。
そこで川高、川女の専門塾という言葉を知るようになりました。でも、私には川高、川女の凄さは良くわからず、、とにかく、かけ算わり算でさえも苦手な今の子供を何とかせねば!という想いで決めました。

●通わせて子供が変わったこと

ここ最近ですが、自分の部屋にこもり、勉強するようになりました。ランキングテストでビリになることは絶対に避けたいとも言うようになりました。
学校のテストも、満点絶対取る!と宣言し、満点をとって喜んでいる姿に、私も嬉しくなりました。


自学と競争心が身についてる!と夫婦揃って、子供の変化を少しずつ感じとっています。

●入った後のイメージ
●印象に残っているエピソード

頼もしい塾なんだという印象に変わりました。
新型コロナウィルスが流行り出した時、学校も塾も行けない時期に、毎日のように課題が送られてくるので、勉強を続ける事が出来ました。
きっとあの時入塾してなかったら、悪かった学力が更に悪化していたと思います。
だけど、毎日仕事から帰ると課題を見て、間違えたところの直しをして、、、その間、下の子は放置状態。合間をぬっては食事の支度、片付け、風呂、下の子の寝かしつけ等々。親の私が疲れてしまい、限界を感じてしまいました。
そんな時、真島先生から保護者宛に「何でも気軽にLINE下さい!」という言葉が届き、ありのままメッセージを送りました。
私は、「ついていけないなら、辞めて下さい」くらいに冷たく返されるのかと思っていましたが、課題の取り組み方のアドバイスと、温かい言葉のメッセージが届いた事に驚いたのを覚えています。そして、この塾で子供も頑張って続けていって欲しいなという想いにも変わりました。


他の習い事と重なり、授業が受けられなくても、毎回動画を送って下さるし、動画は対面授業と違って、聞き逃した部分は何回も聞ける。
子供が1人の時間でも、私といる時でも授業を見る事も出来るので、時間を有効に使うことができます。
動画やプリントがLINEで送られてくるので、外から戻れば、すぐに勉強への切り替
えも出来ます。とてもありがたいと思っています。

まだまだ勉強についていくのに必死な親子ですが、これからも宜しくお願い致します。