川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

母親の腕力と子供の反抗期

 

 昨日の夜、なぜ真島家では大きな反抗期がなかったのか、という話になった。

 

ゲラおは自室で何かをやっていて、

 

なし子も自室でテスト勉強という名の余暇時間を過ごしていた。

 

だから1階のリビングダイニングには僕と我が天使な奥様だけ。

 

子供達に気を使うこともなく、いろんな話ができた。

 

奥様曰く

 

「私の腕力も要因かも。」

 

我が天使、スタイルは結婚前と全く変わっていない。

 

身長も体重も。

 

さらには体脂肪率も。

 

数字を公表すると怒られるので書かないが、

 

それでも何かしらのスポーツをしている女子アスリートと同じくらいの体脂肪率である。

 

彼女は東京は板橋区の育ち。

 

中学までね。

 

幼少期はほぼ「塀の上」で遊んでいたそうだ。

 

都内の住宅が密集した地域では、家と家の間にブロック塀があり、

 

そこの上だけを走り、家の近所ならどこでも行けたと豪語する。

 

僅かな足がかりを利用し、ヒョイと塀の上に上り

 

信じられないくらいの速さで塀の上を走る。

 

バランスをとりながらソロソロと、ではなく

 

普通にダッシュができたそうだ。

 

そのためか、中学時代は茶道部なのに陸上の都大会に出るという偉業を達成。

 

 

そんな我が天使。

 

ゲラおとなし子が幼児期は、ちょうど松江塾が忙しくなり始めた時と重なり

 

1人で買い物に行く時も多かった。

 

当時は駅から歩いて10分くらいのアパートに住んでいたのだが、

 

まだ車の免許もない奥様は、2人を自転車の前と後ろに乗せたり、

 

なし子をベビーカーに乗せてゲラおと手を繋いでスーパーまで行っていたのだ。

 

しかし・・・

 

何度も書いているが

 

我が息子、ゲラおは一度泣いたら5時間とか泣き止まないモンスター。

 

疲れて寝る、とかもない。

 

 

おお・・・

 

おぞましい記憶がよみがえる笑

 

 

想像してみてね。

 

自転車の前になし子、後ろにゲラお。

 

自転車の前かごに野菜がごろごろと入ったビニール袋

 

右のハンドルと左のハンドルにもビニール袋。

 

 

子連れ買い物主婦のフルスペックの装備だ。

 

 

当然、その状態で自転車は漕げない。

 

 

押して歩くことになる。

 

 

しかし

 

 

その瞬間が訪れようとしている。

 

 

 

 

ゲラおの様子がおかしい。

 

 

 

 

 

 

 

何やら周りを見渡す2歳児

 

 

 

 

 

 

どうやら自分の家ではないことに気づく

 

 

 

 

 

 

モゾモゾと自分の体勢を整えようとする

 

 

 

 

 

 

ベルトで固定されているため、好きな体勢になれない

 

 

 

 

 

 

さあ、きた。ゲラおのフィーバータイムだ。

 

 

 

GO !!!!!

 

 

 

「うぎゃああああああああああああ!!!!!!!!うわー〜ーん!!!!」

 

 

体の全筋肉を使い、後ろにそっくり返る。

 

 

ベルトで固定された下半身に反動をつけて、上半身を前後左右にぶん回しまくる

 

 

「うらああぁぁぁぁっ!!!!!!!!!!!んごぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

 

声にならない声をありったけの肺活量を注ぎ込んで出しまくる2歳児。

 

 

 

自転車は大きく揺れ、その力がハンドルにかけたビニール袋に伝わる。

 

 

ユッサユッサ

 

 

 

なし子は焦点の定まらない目をして右手の親指を加えている。

 

 

全身のどこにも力を入れないなし子は、僅かな揺れで自転車から落ちる。

 

 

 

我が天使はそれを必死で食い止める。

 

 

 

家までまだ500メートルはあるだろうか・・・。

 

 

 

いよいよゲラおの上半身左右ぶん回し攻撃が威力を増してくる。

 

 

 

このままだとゲラおが落ちる

 

 

そう判断した奥様は、ベルトを外し、ゲラおを右手で抱える。

 

 

もちろん、泣き叫び、鮮魚のようにビチビチと動くゲラおはおさまらない。

 

 

左手一本で自転車を支えながら、家へとゆっくり歩く奥様。

 

 

「あの時は本当に本当に泣きそうだった」

 

今もその話になる時があるが、

 

 

 

あの日々が、元々の身体能力が高い奥様の腕力をさらに鍛え上げたことは

 

 

もう疑う余地がない。

 

 

 

そのせいか、

 

我が奥様は子供達2人に腕力で負けたことはない。

 

 

少なくとも、ゲラおが中2くらいになるまでは

 

確実に腕力で抑えつけることができていた。

 

 

「○○○○○!?○○!○○○ぞ!○○○」←イメージ保護のために自主規制

 

 

そんな言葉と共に、本当に腕力で抑えつける奥様。

 

 

その圧倒的腕力と思い切りが

 

 

ゲラおとなし子の体と脳に染みついているんだと思う。

 

 

 

 

んん?

 

 

 

ちょっと書きたいこととズレたような気もするが・・・

 

 

まあ、いいだろう♫