川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「今じゃない」子を見る歯痒さ

見ていて、

 

「ああ、この子は頭良いな」

 

と感じる子は多い。

 

しかし、

 

能動的に勉強する力が弱いという場合もある。

 

こんな時、僕はものすごく歯痒さを感じる。

 

 

もちろん、僕にできうる限りのモチベーションの引き上げは行っている。

 

圧もかけ、その子なりに必死にやっている。

 

しかし

 

能動的に勉強する力の弱い子は

 

こういう場合に「フリだけする」ということが多い。

 

やっているようには見える。

 

しかし

 

それは

 

僕らに対し、そう「見せている」のだ。

 

本当は、頭の中は動いていない。

 

んー

 

歯痒い

 

でもね

 

こういう場合、気をつけないと

 

この子のこの先の能動力を奪ってしまう。

 

 

こういう子は、花開くのが「今」じゃないだけ。

 

 

今ここで、手を出して僕らが引き上げてしまうと

 

この先、この子は自ら勉強することができなくなる。

 

 

全国からメールをもらうことがあるが

 

たいていの場合は、このケースである。

 

 

高校はトップ校に入ったのに、

 

一気に勉強をしなくなった、と。

 

 

聞けば、大体同じ中学生時代を過ごしているんだよ。

 

 

強烈な強制力のある塾で

 

バリバリ頑張ってきた子。

 

 

能動力と引き換えに、その場だけの点数獲得能力を身につけた子達

 

 

高校生になり、その点数獲得能力はクソの役にも立たないのに。

 

 

 

結果、能動力を失っただけ、という・・・。

 

   

 

僕は歯痒い思いをしながらも

 

 

最低限のモチベーション引き上げトークしかしない。

 

 

その子の能動力の爆発は、「今じゃない」だけなのだから。