川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「学年1位」の子達

今現在、松江塾には

 

学年1位の経験者が「11人」いる。

 

つまり、松江塾中学部の

 

10人に1人は、学年1位を取ったことがある

 

ということだ。

 

この子達は

 

一体何が違うのか。

 

脳みその中まで見ることはできないが

 

僕が見ていて「明らかに違う」と感じることがある。

 

それは

 

「切り替えの速さ」

 

である。

 

例えば、

 

定期テストが近づくと、

 

ある程度の確認授業をした後、

 

「んー、そうだな。今日はもう特にやることもないから、残った20分は自学でいいよ。」

 

と、声をかけるじゃん?

 

大概の子は、僕の発言が終わったあと、

 

カバンの中からワークなどを出す。

 

ところが、

 

学年1位の子達は

 

「今日はもう特に」

 

このあたりで、ワークを机の上に出す。

 

そして、「残った20分」のあたりでは

 

もう問題を解き始める。

 

人の話を、ある程度予測しながら聞き、

 

即座に判断して行動に移ってしまう。

 

要は、「フライング」なんだよ。

 

短距離走じゃルール違反だけど

 

勉強では関係ない。

 

で、下位の子達は

 

まだ何をやったらいいかを考えたり隣の子と相談したりしてる。

 

 

だから、そのタイミングで僕は言う。

 

「この差だよねー。ほら!」

 

そう言って、学年1位の子を指差す。

 

で、ようやく自分が出遅れていることを知る。

 

そこだよ、

 

そーこー!

 

 

指さされた当の本人は

 

そんなことにも気付かずに

 

黙々と自学を進める。

 

これはもう、明確に目に見える違いだよ。

 

 

さあ

 

今回は何人の学年1位が誕生するか。

 

前回は

 

学年2位、3位が何人もいたね。

 

今回は、頂点を摑み取れ。