川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「おーん!」の一息大会

 

松江塾は幼児から高3までが通っている。

 

全部合わせると400人は軽く超える人数だ。

 

各学年、LINEグループに入って何かしらの参加をしている人ってことなら500人くらいいるかもしれない。

 

高校生になる前に自学力を身につける!

 

という大きな目的があるから、

 

高校生は授業なし。

 

それぞれの学校で学んだことをしっかり自学!

 

それで各校の1位とか、学年一桁とかたくさん出てるからね。

 

それで良いんだと思う。

 

で、それ以外の学年には授業がある。

 

学年が上がれば上がるほど自学の時間が増えていくけどね。

 

てか、そうじゃないと高校でやってけないから。

 

でね、

 

その授業の時の雰囲気なんだけどね

 

各学年のカラーというものがキッチリ分かれてるんだ。

 

 

中3  モテキの「オーン」から始まる

中2  ○○スケ愛されすぎ

中1  ○○ウヤが一位を狙う「オーン」大会

小6  女子トークの花が各所で

小5  ○○○ロウがペナテストで悔しがる

小4  ○オがナイスツッコミ

土曜プレ ○○リがキレキレ

水曜プレ 男子達白熱

幼児 真島先生いじられすぎ

 

こんな感じだろうか。

 

今日書きたかったのは、「おーん」について。

 

これはね

 

僕が授業開始の時に、

 

「オンラインの子達、カメラをオンにしてねー」

 

という一言を

 

中3のモテキ

 

僕「オンラインの子達ー、カメラをー」

 

モテキ「おーん!」

 

と言うようになったことから始まった松江文化の一つなんだ。

 

それを中1に伝えたら、なぜかみんなで

 

「おーん!!」

 

と声を合わせて言うようになったんだよね。

 

最初はただただ大声を出すだけだった。

 

そのうちそれに合わせて校歌を合唱するようになり

 

その前の発声練習も加わって、

 

そして今は「誰が一息で最後まで言ってられるか」という大会になっている笑

 

想像できる?

 

できないでしょ

 

多分、日本中の塾を探しても

 

こんな文化があるのは松江塾だけ♫