川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

指定校推薦、楽じゃないからね?

みんなの希望進路を聞いていると

 

必ず出てくる「指定校推薦」という言葉。

 

AO入試公募推薦って言葉に比べると

 

圧倒的に多い。

 

でも

 

これは良い傾向だ。

 

大学入試の変化に、すでに中学生のうちから意識が向いてるってことだから。

 

国立上位を目指す以外は、

 

まず推薦を考えていく。

 

そのために学校の勉強をキッチリやって

 

テストも好結果を出す!

 

そうすることによって、推薦の可能性は高くなるし

 

仮にダメでも基礎は抜け落ちてない状態で一般入試に挑める。

 

で、ここからが本題。

 

多分前にも同じようなことを書いてるはずなんだけど

 

「一般は厳しいから、指定校推薦で大学に行ける高校を考える」

 

この考え、要注意。

 

指定校推薦の方が楽だ、って思ってるよね?

 

そりゃね、いろんな数字、テストの難易度を見たらそう思えるかもしれない。

 

でもさ

 

リアルに考えてみなよ。

 

例えば、指定校推薦でGMARCH

 

松江塾近辺に住んでる子が

 

一番安易に考えそうな道じゃん?

 

これがどれだけ大変なことか。

 

毎日コツコツ

 

毎日コツコツ

 

毎日コツコツ

 

毎日コツコツ

 

毎日コツコツ

 

毎日コツコツ

 

毎日コツコツ

 

これを、高校入学前から高3の7月まで

 

ずーーーーーーーーっと

 

ずーーーーーーーーーーーーーーーーっと

 

続けるんだよ?

 

365日、爆裂期間

 

そんなイメージだからね?

 

 

多分、「指定校推薦」って考えて高校決める子の

 

10人に2人しか

 

実際にはできないよ。

 

そして、本当にGMARCHの指定校推薦取れるのは

 

10人に1人

 

そんなイメージだからね?

 

この記事、高校生は首を100回くらい縦に振ってるよね笑

 

ブンブンっ!

 

って音が聞こえる気がする笑

 

でも!

 

自分ならできる!

 

やる!

 

って強く思って、

 

定期テストでもキッチリ結果出してる子なら

 

本来自分が行ける高校の「1ランク下」あたりの高校に行けば

 

指定校推薦、取れるよ。

 

逆に今、ちょっとストイックに継続できてないのなら

 

「3ランク下」あたりを考えた方がいい。

 

それが指定校推薦をリアルに狙うって道だから。

 

もう一度、ちゃんと考えてみてね。

 

 

まあ、いずれにしても

 

 

大学は甘くないってことね。

 

 

 

楽な道なんてないよ。