川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

子供の性格をよく見て決めよう

 

高校選びの相談が増えてきた。

 

その時に出てくる言葉

 

それが

 

「指定校推薦」

 

である。

 

私立大学の定員厳格化により

 

一般入試での合格が厳しくなり、

 

本来ならGMARCHに合格できる力を持った子が

 

日東駒専にも落ちる、なんていうのは

 

もう聞き飽きるくらい常態化している。

 

そんな情報が溢れていれば

 

当然ながら

 

一般回避、指定校推薦で!

 

となるのも当然だろう。

 

しかーし

 

僕からすれば、指定校推薦にも向き不向きがあるんだよね。

 

ここ数年、指定校推薦で大学に進学した子達を見ていると

 

真面目である。

 

コツコツ勉強できる。

 

メンタルにムラがない。

 

極端な文系、もしくは理系傾向がない。

 

この要素を持っていることが大事だと言える。

 

 

 

指定校推薦で大学に行けるかどうかは

 

高1の早い段階でほぼ確定する。

 

 

つまり、指定校推薦枠の多い高校を選んでも

 

入学して数ヶ月で

 

方針が決まってしまうことになるのだ。

 

 

中学での定期テスト

 

直前の詰め込みだけで乗り越えているようなタイプなら

 

高校で高い評定を揃えることは

 

現実的には不可能なんだ。

 

それは分かっておいて欲しい。