川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

「高校で上位になって指定校推薦」の難しさ

昨今の大学入試の難化

 

特に私立大学の一般入試に関しては

 

今後何十年も語られることになるだろうレベルだ。

 

松江塾も高校部が年々充実してくると

 

この流れは無視できないと思っている。

 

難関私大へは推薦入試で行くべし!

 

これは現時点では最善の選択だと思っている。

 

子供が小中学生の保護者の人はよく分からないかもしれないが

 

イメージとしては、高校入試は当日入試というものがなくなり

 

3年間の通知表の数字だけで川越高校に行ける

 

そういう流れね。

 

今一番頭を悩ませているのは

 

大学受験をメインにやっている予備校や塾だろうね。

 

現役生は秋から伸びる!

 

夏休みは赤本を解きまくる!

 

英単語は最低でも夏までに3回転!

 

これまで培ってきた受験ノウハウでは

 

もうどうにも勝てないほどの難化

 

知り合いの塾でも「今後の塾運営に光が見えない」レベルだそうだ。

 

さて、こうなってくると

 

「高校でトップ取って指定校推薦」

 

そう考える子も増えてくる。

 

そして

 

考えることはみんな同じ

 

ということにもなってくる。

 

高校は「同じレベルの子たちとの僅差の勝負」

 

これが今までの常識だったが

 

実は今はそうでもなくなってきている。

 

理由は

 

そう

 

指定校推薦枠

 

の存在ね。

 

自分と同等レベルの高校に行くと、自分よりもレベルの高いかも必ず複数いる。

 

だから、万全を期して高校のレベルを下げる。

 

そうすれば、自分よりもレベルの高い子達は減る。

 

結果として、かなり確実に指定校推薦で難関大へ行ける。

 

そう考える子が増えてきているのだ。

 

今年も何人か、そういう子がいた。

 

どれくらい下げると思う?

 

偏差値で言うとね

 

「5〜10」は下げてるイメージかな。

 

分かる?

 

偏差値60ちょいの高校に

 

偏差値70の子達が降りていく。

 

勝てるわけなくない?

 

もともとその高校レベルで入った子達が。

 

だってさ、その降りてきた子達は

 

目的が明確じゃん。

 

「指定校推薦を取るため」

 

なんだから、最初の定期テストからガッチガチで努力してくるんだよ?

 

じゃあ、もう諦める?

 

いやいや

 

諦めたらそこで試合終了。

 

春休み中に

 

「偏差値70」レベルの子に

 

なってしまえばいいんだよ。

 

偏差値70で偏差値60の高校に降りていく子達は

 

今この瞬間は油断してるはずだよ。

 

だって、トップで降臨してるって自覚しちゃってるわけだから。

 

食うなら今だよ

 

付け入る隙はあるよ、

 

今!