川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

難しすぎた本文推測

 

昨日の小6国語は本文推測。

 

僕自身も一緒に楽しみたいため、本文も設問も一切見ないで問題を作成する。

 

大胆に冒頭とラストの数行を残してカット!!!

 

そしてみんなで推測スタート。

 

 

うん

 

まあ、大体こういうストーリーだろう…

 

そうだね

 

まあ、これしかない流れだろうな…

 

となって、みんなの前で推測発表。

 

 

大体みんな似たような推測になる。

 

 

 

で、本文配布。

 

 

 

かぶりつくように欲した本文にのめり込んで数秒…

 

 

 

「マジか…」

 

 

思わず声が漏れる。

 

 

 

全然違いすぎるストーリー

 

 

 

登場人物増えすぎ笑

 

 

 

そんなサプライズが楽しめるのも、

 

 

 

待ちに待った本文

 

 

 

だからである。

 

 

 

 

国語ができない子達というのは、

 

 

文を前にした時に気持ちが沈むんだ。

 

 

 

あぁ…、読みたくないな…

 

 

 

そんな気持ち。

 

 

 

本文推測は、その気持ちを一変させる効果がある。

 

 

 

「どんなストーリーなんだ?」

 

 

 

という渇望状態。

 

 

 

これを繰り返すことで、

 

 

「本文=欲しかったもの」

 

 

という刷り込みがなされ、初見でも「どれどれ…」という、能動的な読み姿勢ができあがる

 

 

能動的に読めれば、もう問題なんて単なる「質問」に変わる。

 

 

 

そういうものなのである。

 

 

 

 

ちなみに、昨日の小6は「第三者」という言葉が分からない子達がたくさんいた。

 

 

 

言葉もどんどん増やしていかないとね。