川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「受験」「合格」「不合格」よりも強く意識しないといけないこと

 

もちろんね、大事な試合であることは間違っていないから

 

それに向けて練習したり、体調を整えたり気持ちのピークを合わせたりしていかないといけないよ。

 

それは当然ね。

 

でもね

 

そういうことではなくて、

 

ちゃんと「その先」の世界をしっかりと捉えているかどうか

 

それが大事だからね。

 

晴れて入学式に参列し、満面の笑みと誇らしい気持ちになるかもしれない

 

もしくは

 

志望届かず第二志望かもしれない

 

でも、そもそも「そこなら行って良い!」と判断して受験したんだから

 

もうごちゃごちゃ考えないこと。

 

それよりも何よりも

 

今その場にいるのは

 

「関門を潜り抜けた猛者達が集まる強烈な戦いを前にした本戦会場」

 

だということを1秒たりとも忘れてはならないってことね。

 

前から言ってるけど、その中学や高校に見合う進学先に現役で行けるのは

 

上位3分の1

 

ということを忘れちゃいけないよ?

 

例えばあの「麻布高校

 

御三家だよね?

 

卒業生約300人中、現役で合格したのは・・・

 

東京大学39名

京都大学10名

一橋大学1名

東京工業大学8名

国立大医学部8名

 

合計66名

 

・・・・・・・

 

上位22%だからね?

 

 

中学受験ではおそらく「向かう所敵なし」だったと思うんだ。

 

きっと中学の入学式では「我が子は東大!」とみんなが思っていたはずなんだ。

 

 

でも、東大現役合格は39名

 

わずか13%だ。

 

 

中学受験経験者なら分かるよね?

 

麻布中学に合格する子達のレベル感

 

おそらく中学入学段階で「よし!!!本戦だ!!!やってやるぜ!!!」という強い意志と

 

その意志としっかり噛み合った行動があれば

 

冗談抜きでほとんどの子達が東京一工国医に行けるはずなんだよ。

 

でも、小6の2月・・・

 

 

「受験終わった!受かったーー!!!成功だ!!!!」

 

 

子供も親も両手を上げて喜んでしまう・・・。

 

 

 

猛者達ばかりの本戦会場入りが確定しただけなのに。

 

 

本戦開始前にトレーニングをやめてしまうアスリートなんて

 

 

いると思う?

 

 

でも、受験ではそういうアスリートしかいない

 

 

 

だから松江っ子達が各高校でトップ層に君臨するんだよ。

 

 

 

 

さあ

 

 

 

私立高校受験の真っ只中だ。

 

 

だからどうした?

 

 

本戦会場入りまで、2ヶ月半!!!!

 

 

 

そういう意識が大事。