川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「うちの子、頭良いかも」と思う親の犯しがちなミス

 

 

何の問題やらせてもね

 

なんか妙にスルッとできる。

 

あら!うちの子!頭良い!!

 

と思うだろう。

 

これね

 

余程のgiftedとかなら話は別だけど

 

明らかに普通の子達との比較の中で多少頭が良いな、と感じる程度であれば

 

その育て方は間違えないようにしたいよね。

 

そういう子が目の前にいるとね

 

「じゃあ、これできる?」

 

みたいにレベルの高い問題をやらせてみたくなるよね

 

 

でもね

 

これは危険。

 

 

 

小学校低学年、

 

んー

 

4年生くらいまでは、その学年を少し超えて難しい問題ができたとしても

 

それを持って「将来、この子は秀でたままだ!」

 

なんて思わない方が良いよ。

 

そういう子こそね

 

基礎基本を徹底的に強く、太くした方が良いんだ。

 

1学年上の漢字の読み書きや計算なんて

 

そんなものは何のアドバンテージでもない。

 

どうせ、本当に基礎基本を固めた地頭の良い子達に秒で追いつかれるんだから。

 

だったら今は、そうやって基礎基本をしっかりやって

 

秒で答えられる常識のような知識

 

にしてしまう方が良いよね。

 

 

プレとかにもたまにいるけど

 

 

低学年ですでに高学年や中学の内容まで進んでる子達

 

いるんだよ。

 

 

でも、そういう子達に学年相当の少し難しい問題をやらせると

 

 

結構間違うんだよね。

 

 

学年相当の問題なのに、

 

それを考えるための土台の小さな粒

 

がいくつか入ってないんだ。

 

 

そういう子達に共通してるのは

 

 

見たことがあるから解ける

 

これね。

 

 

これだと、いつか必ず

 

基礎基本土台ガッチリ地頭モンスター

 

達に必ず勝てなくなる。

 

 

 

だからね

 

 

うちの子、頭良いかも!

 

 

と思えるラッキーな状況が分かったら

 

 

焦らず小4あたりまでは基礎基本を徹底反復させた方が良いんだ。

 

 

もちろん、文章題メインでね。