川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

川越高校と川越女子高校の学年1位の子って、一体どんな感じなのか。

 

 

現在松江塾高校部には

 

川越高校学年1位

川越女子高校学年1位

 

が在籍している。

 

埼玉の西部地区の人なら誰でも聞いたことのあるトップ2校

 

川高川女の学年1位

 

である。

 

松江塾本科で学び、そしてその特殊な環境で高校受験を通過し

 

そしてそのまま頂点に。

 

一体どんな子たちなのか。

 

 

 

まず、どちらかというとグイグイ前に出ていくタイプではない。

 

しかし教室内で静かにこちらを見つめている姿には力がある。

 

そして意外に思うかもしれないが、特に目につくような「ガッツマン」でもない。

 

もちろん、とんでもなく努力する子達であることには間違いがないのだが、

 

静かに黙々と

 

いつも淡々と

 

そんな感じで自学するタイプ。

 

アクセルはベタ踏みだが、

 

そのベタ踏み状態は力一杯踏むのではなく、膝を伸ばした状態で固定。

 

特に力は入らずに伸ばしているだけ。

 

口数はそれほど多くなく、ただ、よく笑う。

 

授業中によく笑う。

 

 

感情の浮き沈みはあまり大きくなく、いつも「スッ」としてる感じ。

 

ほんと、そんな感じだ。

 

 

もう卒業したが、

 

浦和高校学年1位

浦和一女学年1位

 

この子達も似たようなタイプであった。

 

 

 

「よーし!頑張るぞ!!!」

 

 

という気持ちと行動の習慣化を成し遂げた者だけが

 

辿り着ける領域なのかもしれない。

 

 

と思う。

 

 

いずれにしても、中学時代に松江塾のような「放置」「自分で考えなー」「自分でやりなー」という環境で自学経験を積み重ねないとね。