川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

漫画やアニメは語彙の宝庫

 

今、我が天使な奥様の勧めで

 

メイドインアビス

 

を見ている。

 

1話ずつコツコツと。

 

これ、かなり面白いんだけど

 

その中でちょいちょい「度し難い」という言葉が出てくるんだ。

 

主要人物の少年が吐き捨てるように言うんだけどさ

 

度し難い

 

 

って、普段使う?

 

 

使わないよね。

 

最近のアニメや漫画って、呪術廻戦や鬼滅の刃みたいに

 

多くの年齢層にヒットするために、語彙が豊富だと思わない?

 

 

子供と一緒に見て、即レス国語辞典みたいな役割を親がやるのもよいのでは?

 

とか思うんだよね。

 

 

我が子ら2人、とにかく幼少期から「漫画の虫」だった。

 

 

っていうか、今もそう。

 

 

なし子も日常会話の語彙力はないくせに、河合塾模試の国語は常に70オーバーだったし。

 

その源泉は明らかに漫画。

 

 

しかも、親が読ませたい漫画ではなく、漫画喫茶に家族で行って、各自が読みたいものをただひたすら読む…

 

そんな時間を毎週のように日曜日5時間くらい過ごしてたよなー。

 

 

ゲラおが中学生になるまではね。