川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

英語教育、小中の連携について

 

ふむ

 

小学校では

 

聞いて、言って、慣れよう!

 

というコンセプトでかなりの単元を網羅。

 

生徒に聞くと、文法的な理由理屈の説明は全くないという。

 

そして中学に入学すると

 

「この文については小学校で学んだよね」

 

という扱いになる。

 

かなり大雑把なイメージだけど、

 

小学生時代にサッカーのプロの試合を週に1、2回テレビで見る生活を2年間過ごし、

 

そして中学に入学。

 

そこで「もう2年間サッカーに触れてきたから、ボールタッチもスペースの使い方も分かるよね?よし!じゃあ公式戦出よーか!」

 

 

って言われるようなもんだろうか。

 

 

そりゃー勝てないよねぇ。

 

 

これに打ち勝つには方法は一つ。

 

 

小学生のうちからガチでやるしかない。

 

 

触れて楽しむ、とかじゃなくて

 

中学と同じ内容を同じ濃さと深さでガッチリ学ぶ。

 

これしかない。

 

 

だから松江塾はそれをやってるんだ。