川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

浦高受験者は、併願私立はどこで、どれくらい受かるのか

 

続いては、浦和高校受験者の併願私立の状況をチラリと。

 

去年、浦和高校を受験した生徒がどこの私立高校を併願し、どれくらいの確率で合格しているのかを見てみよう。

 

ほい

 

高校 コース 受験率 合格率
栄東 東・医 36.8% 100%
川越東 理数 33.4% 100%
開智 T 18.8% 100%
栄東 アルファ 16.5% 81.4%
開智 S 11.2% 100%
大宮開成 特選先進 9.4% 100%
慶應志木   9.4% 26.3%
川越東 普通 7.4% 96.8%
早大本庄   7.4% 28.6%
立教新座   5.5% 68.1%

 

このデータは、かなり貴重。

 

まず滅多に一般の保護者の方々は見ることができない。

 

これを見ると、やはり

 

栄東

川越東

開智

 

の3校が併願のメイン校だってことが分かるね。

 

しかも上位コースで。

 

の3校の違いは、居住地域の違いがそのまま出てる感じだろう。

 

つまり

 

さいたま市近隣は栄東を

 

川越や所沢などの西部地区は川越東を

 

越谷や春日部などの東部地区は開智を

 

っていう感じに

 

そして特徴的なのが、慶應や早稲田の付属高の受験もそこそこ多いってこと。

 

これは同じ保護者としては、かなり理解できる。

 

中学の時点で我が子は勉強が得意。

 

当然、浦和高校を視野に入れるが、浦和高校は東大を中心とする国立狙いが主流。

 

んー

 

今の時点で最低でも早慶は確保しておきたい・・・

 

浦和に行っても、上位国立に現役で合格できない可能性もあるし・・・

 

んー

 

んー

 

という親心。

 

我が家の場合は1ミリもぶれなかったけどね。

 

異論反論はあるが、学歴レースで早慶を超えるのは

 

①東京一工

 

は間違いないと思うが

 

②旧帝神戸筑波横国

 

あたりだと、学部によっては「むむぅ・・・」というケースもあるしね。

 

まあ、今回の記事はそれがメインじゃないから書かないけどね。