川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

北辰偏差値から見る浦和高校受験データ

 

毎年、北辰テストから塾限定で受験指導データが送られてくる。

 

僕らはそれをもとに進路指導をすることが多いのだが

 

その全ては出せないものの、ちょこちょことそのデータの一部をブログに書いていこうと思う。

 

さて、今回からしばらくは埼玉の頂点、浦和高校について。

 

まずは北辰偏差値(中3の時の平均値)と、実際の合格・不合格の人数内訳から。

 

それを見れば、大体どのあたりの偏差値帯にいれば受かるのか。

 

もしくは、合格と不合格のボーダーにいるのか。

 

そういったことが明確に見える化されると思うのだ。

 

では早速。

 

偏差値 合格 不合格
74 20  
73 33  
72 43  
71 68 3
70 75 8
69 55 4
68 24 12
67 19 23
66 4 5
65 2 4
64 2 6
63   1
62   2
61   2
60   1
59    

 

合格者の約70%が偏差値70を超える平均値を出していることが分かるね。

 

このあたりの子達は、内申はほぼ関係なく、当日点できっちり受かってるって感じだろう。

 

67、68あたりだと不合格者の最多ゾーン。

 

内申や加点項目によって左右されている印象だろう。

 

 

 

 

 

浦和高校や大宮高校、浦和一女、川越あたりだと、

 

「受かりさえすれば良い」

 

という考えの人も多い。

 

しかし

 

しっかりと頭の中に置いておいて欲しい。

 

 

「内申や加点項目で受かっても、高校3年間はかなり辛いことになる」

 

ということを。

 

あと、その偏差値をどうやって、誰の力で出しているのかも重要。