川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

そういうものなのかもしれない

 

子供が小さければ小さいほど、親は

 

「将来何をしたいか」

 

「将来何になりたいか」

 

という話を子供によくすると思う。

 

我が家もそうだった。

 

「そうか、だったら勉強しないとね」

 

という帰着点を目指して。

 

 

それはもちろん悪いことではない。

 

しかし子供2人が大学生になり、同じ話になると

 

子供たちは驚くほど何も考えていない。

 

何も考えてない、というよりも

 

「まだ分かんないよ」

 

と答える程度。

 

2人とも、就職活動で不利になるような学歴ではない。

 

何かしらの資格を目指すだけの勉強体力だってある。

 

その2人をもってしても

 

「まだ分からない」

 

んだよね。

 

でも、生きてくって

 

そういうものなのかもしれないよね。

 

僕だって、まさか自分が50歳を前にして個人塾を経営してるなんて

 

大学生の頃は1ミリも想像してなかったから。

 

そういうものなのかもしれないよね。

 

今を

 

今を

 

全力で