川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

中受ブームは高校受験塾にとってはチャンス!

 

これは本当にそのようだね。

 

ふむ…

 

中受を扱わない松江塾のような塾はピンチなのか、チャンスなのか

 

普通の思考パターンであれば、

 

これはピンチ!

 

と思うのだろう。

 

しかし、僕は逆。

 

多くの人が「ピンチ!」と思うような状況は、単に思考停止に陥ってるだけ。

 

そういう時こそ

 

「チャンスに変える要素はないのか」

 

と考える。

 

というか、考えた。

 

 

そしたら、

 

チャンスでしかない!

 

という道が見えた。

 

だってさ、普通に考えてみたら分かると思うんだけど

 

クラスの中で中受する人数が増えたら何が起きる?

 

勉強頑張る子が増えるわけでしょ?

 

そしたら、クラス全体の空気が良くなるよね?

 

これ、子供の学習環境としては最高じゃない?

 

松江塾は学力でクラス分けをしていないからね

 

この「教室全体の空気」の重要性がよく分かるんだよ。

 

やらない子

 

やりたがらない子

 

分かってない子

 

分かろうとしない子

 

そういう子達が1人でも少ない方が、格段に授業中の空気感は良くなるんだよね。

 

そんな空気感の中で勉強している子達

 

学校の授業の吸収はとても良いはずだ。

 

だからこそ、小5からは完全に中学の先取りをガシガシ進めていく松江塾は

 

「学校の勉強は学校の授業だけで完結しようか。塾は中学内容まで一気に先取りしちゃうよー」

 

 

っていうスタンスを強められるってわけよね。

 

クラスの中受組が塾で「小学内容の難問」に挑んでいる時に、

 

松江塾小学部の子達は「中学内容のガチ超速先取り」を進めてしまう。

 

そして、中学入学後にももう戻らずに進んでいく。

 

中受組は中2までに中学内容を終えるから有利?

 

大丈夫

 

松江塾はもっと速いペースで終わるから。