川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

なんか、数回で変化の兆しが…

 

昨日の中1国語文章題は難問だった。

 

いや、難問というより出題が独特だった。

 

抜き出しの文字数が指示されておらず、しかも範囲が広い!

 

さらに解答箇所の境目がかなり曖昧だった。

 

最後の記述、主人公の祖父の気持ちを書く部分では、きっと何通りも回答があったことだろう。

 

相変わらず100点満点にするために一問の配点をデカくせざるを得ず、

 

一文間違うだけで80点とか?ちょっと見かけの点数は悪くなるものの、

 

それでも平均正解率は上がってきたように感じる。

 

中1、中2は週に5回塾がある。

 

教室という空間が好きなら対面で受ければいいし、

 

別に自室で大丈夫というのならオンラインで受ければいい。

 

それでも週5回、必ず初見の国語文章題を解く。

 

50分設けられた自学の時間の15分を使って毎回必ず。

 

そして提出。

 

即、採点。

 

そして名簿に記入され、それはその日の授業後にLINEグループにアップ。

 

1週間で5問、1ヶ月で20問、1年で240問

 

最近は定期テストで初見問題出す先生が増えてきたから、爆裂中も毎日ではないにしろ、やっていこうとは思う。

 

国語の文章題は、解き慣れているってことがかなり大事な要素になる。

 

でも、狙いはそれだけじゃない。

 

毎日毎日文を読むことで、頭の中を通過する語彙を増やすこと。

 

これもかなりデカいんだ。

 

さあ、今日は中1中2共通問題だ。

 

 

問題選びが楽しみである。