川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

もう、通用しない

 

毎日国語文章題を開始してから数日が経過。

 

毎日全員の結果を発表しているが、常に高得点!という子はまだあまり多くない。

 

これが少しずつ安定していくことは、中3の様子などを見ていても間違いないだろう。

 

さて

 

この毎日国語文章題、解いている姿を見ていると、まだ本文を読まずにいきなり設問を読んでいる生徒が少なからずいることに気づく。

 

問題に、「下線部①で…」と書いてあればその辺りをチラッと読んで、そして問題を解く。

 

このやり方、小学校なら通用するだろう。

 

問題も簡単だからね。

 

でも、入試問題ではダメだ。

 

当たり前すぎるくらいダメだ。

 

たまに生徒に言うが、文章問題の最初にはこう書いてある。

 

「次の文章を読んで後の問いに答えなさい」

 

と。

 

つまり、文章を読まないと解けませんよ!とわざわざ教えてくれているんだよ。

 

出題側のメッセージに無駄なことなど一つもないんだから。

 

まず、読むこと。

 

それが大事。