川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

ここ最近の高1へのメッセージ

 

 

高1

学校の英語の授業において

「単語が分かんなくてキツい」

と、今少しでも感じているようなら

「致命的にヤバい!!」

という状況だと思った方がいい。

高2、高3で低迷している者は揃って同じことを言う。


「単語さえ分かれば分かるんですけどね…」

と。

結局のところ英語は単語の数で決まる。

中高生一貫の高1はすでに君達が学校からもらったような単語帳は一年以上前に完璧にしているんだ。

その時点で「勝負にならない」と自覚しよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何部に入ったか分からないが、

すでに「部活で疲れて勉強できない」と感じ、そのような生活になっているのなら

1秒でも早く退部することを勧める。

部活は大学受験に向けた「強烈な足枷」である。

その重みを感じずに前に進める者だけが、続ける資格があるのだ。

重いと感じ、足が前に出ないのであれば

それは毒薬を毎日飲みながら健康を願う行為と等しい。

つまり

頭が悪い愚行の極み

のである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高1

高校の勉強は「どう考えても分からない」というものが中学に比べたら格段に増える。

トップ校に進学した者は使う教材のレベルが高いから

そのレベルの問題がさらに多い。

初見、2回目あたりで心が折れそうになることも多いだろう。

しかし

高校の勉強は最高学府「大学」への学力資格を得るためのものであり、

義務教育の平易な内容を学んできた者にとって段違いに難しく感じるのは当たり前なのである。

先人が見つけ、悩み、真剣に調べて構築した知識を

君達が一瞬で理解し、吸収できるわけがなかろう。

手にした小さなミノで、一回、また一回と

コツコツと力一杯打ち続けることが大事なのだ。

いつか必ず「なるほど!!」という瞬間は来る。

必ず、だ。

自分にとって得意、不得意だという浅はかな印象だけで諦めてはならぬ。

 

諦めず取り組もう。