川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

反抗期とスマホ

今、全国の小中高校生がいる家では

 

親子喧嘩の原因としてぶっちぎりトップを独走しているのが

 

「ゲーム」

 

「SNS」

 

だと思う。

 

そして、そのどちらも共通しているのが

 

スマホ」だよね?

 

switchなどのゲーム機であれば、取り上げて終えばいいのに対し、

 

スマホの場合、

 

「友達との大切な話がある」

 

「いつ連絡がくるか分からないし」

 

「シカトはできないねしょ?」

 

「オンライン授業で使う」

 

「調べたいものがある」

 

「先生に質問したいし」

 

とまあ、いろんな理由をつけて取り上げることを拒否してくる。

 

しかーし

 

そういった取り上げ回避のための理由で子供がスマホをしっかり使うことは

 

ほぼ、ない。

 

暇さえあればゲーム

 

暇さえあればYouTube

 

暇さえあればSNS

 

だから親はキレる!

 

そして、

 

子供もキレる!

 

これが今の世の中で一番多い親子喧嘩のリアル。

 

今日、いつものように4人で喋っている時に

 

我が天使な奥様が聞いた。

 

「なんであなた達はスマホに関して食ってかかってくることがなかったの?」

 

と。

 

そりゃ我が子2人もルールを破ることはちょいちょいあった。

 

その度に、僕らが叱り

 

時には取り上げ、預かる。

 

それに対し、特に反抗したりキレたりすることは

 

そう言えばなかった。

 

その理由、ゲラおが端的に答えた。

 

「うちの親にキレると、とにかく面倒なことになる。地獄の果てまで追いかけてくる。素直に聞き入れるまで、1週間でもご飯出さずに説教されそう。家を飛び出しても日本国内くらいなら逃げるところなさそう。」

 

 

だそうである。

 

要は、親次第ってこと。

 

 

奥様がそれに続けた。

 

 

「あのね、家の中には誘惑はたくさんあったほうがいいんだよ。その中で、いかに自分を律するか、セーブするかを身につけないと、後になって苦労するでしょ。小さい頃の方が親の思うように刷り込めるし。高校生になって買い与えたら、それこそもうどうにもコントロールできなくなるよ。ゲームやスマホを買い与えない親は、そういうコントロールが面倒くさくって逃げてるんだよ。後になればなるほど大変なことになるのが分かってないの。」

 

だそうである。

 

 

これに関しては、奥様インタビュー動画を撮ろうかなー、と画策中。