学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

やはり、高校入学までに身につけたいよな

先ほど、我が愛しの奥様と犬の散歩をしている時に聞いた話。

 

奥様の友達の友達のお子様。

 

中学では学年一位か二位。

 

とてもとても要領の良い子で、

 

小学校時代から宿題は全て学校で終わらせてきちゃうような子。

 

当然、中学の定期テストも塾で配布される過去問と予想問題をちゃっと覚えて高得点。

 

川高川女レベルでも余裕で受かるだけの数字を出していたんだけど

 

英語を学びたくて、英語科のある公立に進学。

 

トップで入ったと思っていたら

 

授業のスピードも量も想定外に多く、

 

持ち前の要領の良さではカバーできなかったんだと。

 

流石にこれは家でも勉強しないといけないぞ!

 

っと思って机に向かうも

 

自分で勉強するっていうことの経験が全くなかったので

 

何をどう勉強したらよいか分からないまま定期考査に突入

 

結果はボロボロ…

 

これはよく聞くよ

 

本当によく聞く。

 

塾でテスト対策漬けになってた子が

 

いざ自学しようと思っても

 

全くと言っていいほど

 

何もできない。

 

何かやったとしても、その勉強が正しいのか自信も持てない

 

結果、勉強が手につかない

 

 

当たり前といえば当たり前。

 

 

中学生対象の塾がやる定期テスト対策ってさ

 

塾が厳選した「これ覚えとけば大丈夫!」っていうプリントをやるよね?

 

でもさ、

 

本来は「これ覚えれば大丈夫!」って見抜く力は、自分自身になければいけないものだよね?

 

高校ってさ、同じ実力の子達が集まる、いわば「県大会」みたいなもんじゃん?

 

もうさ、その段階で自学力がなかったら

 

無理だよ

 

戦っていけない。

 

これはマジでそう。

 

あ、ちなみにその高校でトップなんて

 

取れるわけがない。

 

なぜって?

 

その高校、トップはまた明日塾の子だから。

 

その子は

 

毎日毎日塾に来て、黙々と自学に打ち込んでるよ。

 

毎日だよ?

 

一日も休まず。

 

高校生になって「勉強の仕方が分かりません」なんて言ってる子に

 

負ける可能性は

 

「0」

 

だ。