川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

公立トップ層がどれだけ凄いかを知ってるメリット

私立一貫校の子が入塾を決めてくれた。

 

ペナテストの結果からも、入塾になんの問題もない。

 

さて

 

私立一貫校の子が松江塾に通うことについて考えてみた。

 

松江塾は基本的に川高川女をはじめとする「学校選択問題校」を受験するための塾だ。

 

今年の中3も御三家と川高川女に約20名が挑む

 

学校選択問題校へは、公立受験者の9割が挑むのだ。

 

つまり、公立中学の上位15%に位置している子達が9割を占める塾

 

それが松江塾の姿である。

 

 

私立一貫校と公立中学は、その学習進度が大きく異なる。

 

高校受験がない一貫校の子達は中3の1年間を高校受験のために使わなくてもよく、

 

学校によっては高校の内容にも踏み込んでいくのだ。

 

では、松江塾はどうか。

 

松江塾は中2の終わりまでに中3の内容を終える。

 

そして中3の1年間、前半は入試演習と解説をメインとして

 

これまで学習した全内容をゴンゴン総復習する。

 

そして後半は徹底的に自学で電話帳ベースで実力を磨く。

 

そんな環境にいながら、一貫校の子達はなにをするか

 

当然ながら「学校の学習内容」を自学で磨く。

 

高校受験はしないが、

 

いずれ大学受験で戦うことになるトップ公立校の子達が

 

どういう空気感で自学に打ち込むのか

 

それを肌で感じながら自学をするのだ。

 

昼間は私立一貫校で学びながら、夜は公立トップの子達と自学をする。

 

この環境はちょっと特殊。

 

でも「自学力」を身につけることはどこの学校に進んでも必要なことだからね。