川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

併願私立の宿命

娘の通う高校は、浦和一女や大宮に落ちた子が多く来るところだ。

僕の高校も当時は川越高校落ちの子達で溢れかえっていた。

入学式の校長先生の話にも、当たり前のように

「本来、うちが第一志望出なかった人も多いでしょう」という内容がメインであった。

これは公立王国と呼ばれる埼玉県ならではの光景だと思う。

松江塾の高校部にも同じように悔しさを胸に私立に通う子も多い。

でもね、

大学までの距離で考えてみようよ。

その公立高校

受かった子も落ちた子も、実はそんなに力の差はない。

もう一度入試があれば合否は入れ替わっていることも普通にあるだろう。

そんな近い実力であるならば

入試の日から今日まで

キチッと勉強した者が、大学までの距離を確実に縮めていると思わないか?

川高受かって法政に行きましたー

川東に行って早稲田に行きましたー

もうさ

この短いフレーズの前半部分なんて

人生でこれっぽっちも使う機会なんてないから。

「法政に行きましたー」

「早稲田に行きましたー」

ここだけだからね。

ここからが大事だよ

スタートダッシュが大事だからね?