川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

英語から「何となく分かる」「微妙に分からない」を払拭するのが納豆英文法!

 

日本語と英語は語順が違う。

 

語順とは、思考の順番を言語化したものだから

 

思考そのものを英語に変換しない限り

 

「考える前に英語が出てくる」

 

なんてことは不可能。

 

単なる理想論である。

 

 

でもね

 

英語は日本語と違ってルールが厳格な言語だ。

 

つまり

 

そのルールが明確に定着していれば

 

 

ルール通りに文を作ることができる。

 

 

つまり、英語で思考するルートをしっかりと再現できるわけだ。

 

 

この再現ができた時に

 

「うわ!英語ができる!!」

 

 

という快感に繋がるのである。

 

 

 

それを可能にしたのが、納豆英文法。

 

 

そのど真ん中の動画はまずなかなか公開できないが、

 

 

今公開されているYouTube動画だけでも

 

 

そのエッセンスは分かるはずだ。

 

 

 

英語は数学と同じように「思考できる」科目なのである。