川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

自学力のない子を無理やり引き上げて上位高に進学させること

 

 

 

塾は進学実績が大きな目的となる。

 

言うまでもなく、「上位高」の進学実績である。

 

より偏差値の高い高校へ!

 

ということで、各塾がさまざまな試みをする。

 

もちろん、「そういうニーズ」があるからである。

 

 

しかし

 

もし自学力の育っていない子に、無理やり何かしらのシステムで偏差値や得点力を引き上げて合格させ、

 

目的の志望校に合格させたとして

 

その後、一体何が起きるのか。

 

 

僕のイメージとしては

 

 

「これ美味しいよ!」と言って、下剤入りの高級特上肉を食べさせる飲食店

 

のように思えてならないんだ。

 

 

その時はお腹は満たされるし、満足もする。

 

 

はー!お腹いっぱい!美味しかった!高かったけど満足!!

 

 

と言ってお店を出て、車に乗り込む。

 

 

「美味しかったねー!」

 

「ね!あのお店で正解だったねー!」

 

「ねー!」

 

 

なんていう楽しい会話。

 

車内に充満するお腹の匂い。

 

 

 

 

しかし

 

 

帰宅後…

 

 

 

 

グルッ…

 

 

 

 

とお腹が妙な音を立てる。

 

 

 

ん?

 

 

あれ?

 

 

ちょ、ちょっと微妙にお腹が変…

 

 

 

え、え、え、何これ何これ!

 

 

トイレ!

 

トイレ!!

 

トイレ!!!

 

 

 

そこから2時間、3時間…

 

 

 

トイレから一歩も出ることができない。

 

 

 

 

そりゃそうだ

 

 

 

あの肉の中には強力な下剤が入ってたんだから。

 

 

 

 

 

と、そんなイメージ。

 

 

でも、そういうことは考えないよって塾も多いのが現実。

 

 

 

 

 

 

上位高はね

 

 

特に上位高の上半分はかなり自学力が育っていないと無理よ?

 

 

 

それは本当にそう。

 

 

 

 

松江っ子高校生の大半が上半分にいるけど、

 

 

全員じゃないんだよ。

 

 

 

そのへんの子達よりも圧倒的に放置環境下で自学できた子達が、だよ?

 

 

 

 

もちろん、ほとんどが高偏差値帯の高校に進学するし、

 

 

部活やその他の興味関心の向かう先の影響も受けるんだろうけどさ。

 

 

 

自分の自学力で身につけた学力で自分の行きたい高校にいく。

 

そうすればそこでも自分の自学力で上位に入れる。

 

 

そこで初めて「指定校推薦」なんてワードが出てくるんだし。

 

 

自学力なしで塾システムで上位高に入ったら、

 

指定校推薦は

 

 

100000000000000000000000000000000%

 

 

無理だからね。

 

 

それどころか、3年間トイレから出て来れなくなるよ?