川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

本文推測

 

昨日は中学3学年と小6で国語の本文推測をやった。

 

小説

 

2人の友情と将来への展望、そのやりとり。

 

書いてないことへの想像を、細い糸の先っぽから推測。

 

そして本文を手にし、その検証を「ワクワク」しながら読み進める。

 

カラカラに乾いた喉に冷たい水を流し込むように。

 

その時の没入感覚。

 

それに慣れること。

 

 

 

 

 

例えばこれ、昔話を聞くときに、

 

「むかーし昔の、ちょっと不思議な経験をしたお姫様の物語り…」

 

なんていうワンフレーズが最初にあるのとないとでは

 

子供達の食いつきが違うのと似てるかな。

 

 

映画の予告編をCMで見ておくのにも近い。

 

全くなんの予備知識もないまま、誰が出てるのかも知らないで映画を身始めるよりは、

 

最初からの没入具合が違うよね。

 

昔話の導入フレーズや映画の予告編は、外部から受ける情報だけど、

 

松江塾の本文推測はそれを自分の頭を使ってやるわけで、

 

当たり前だが格段に思考力は鍛えられるからね。