川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

本文推測で静寂の時間へ没入

 

今日の中2は国語本文推測。

 

久しぶりに。

 

やはり、推測後の読みの時間は

 

あまりにも凄まじい静寂

 

になる。

 

教材は中3用だが、正答率も妙に上がる。

 

まずは推測で内容に想像力を働かせ

 

そして本文への渇望

 

からの本文。

 

推測との適合、ズレ

 

どっちにしても文字情報への没入と驚き、感動を生む。

 

正答率が上がるのも当然なのである。

 

 

この推測段階での「想像」に個人差が生じるが、

 

この差こそまさに国語力の差だ。

 

文字から何をどこまで想像できるか。

 

 

 

解説の時に言った「狂おしいほどの赤」という言葉

 

 

そこから鮮烈な血液のような赤を想像するか

 

毒々しい赤を想像するか

 

単に絵の具のパレットに並んだ赤を想像するか

 

 

文字からの想像

 

 

それこそ、語彙力の根本であり、国語力の土台なのである。