川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

やる

 

世の中にはいろんな塾がある。

 

目的も仕組みもバラバラ

 

指導理念や費用もバラバラ

 

中には

 

「いや、そこまでやればその結果は出て当然でしょ」

 

と思うような塾も多い。

 

そういう塾、知れば知るほど

 

「量」と「時間」で凌駕している

 

のは間違いない。

 

確実に、だ。

 

 

おそらく一般的には、先生の学歴や指導スキルが大事なのでは?

 

と考える人も多いだろう。

 

僕すら、この業界にいてもそう思っていた。

 

しかし

 

塾長達のコミュニティを作り、東大や旧帝出身の塾長達と知り合い、

 

そのド級の実績に打ちのめされながらも

 

「なんでそんな結果が出るんだ?」

 

と探りまくった笑

 

そしたらね

 

やっぱり「量」なんだよね。

 

やってんのよ、その塾長達の塾の生徒は。

 

良いことを教わってるから伸びてるんじゃなくて

 

とにかく、やってんの。

 

たっぷり練習してるから伸びる。

 

伸びてる子を見て、もっと伸びたい子が集まる。

 

そしてお互いに切磋琢磨が始まり、さらに伸びる。

 

その繰り返しでどんどん「人的環境」が良くなり

 

結果につながる。

 

 

そういう仕組みなんだよね。

 

 

だから松江塾はその方向に特化し、突き進む。

 

 

東京一工旧帝医学部早慶

 

なんて書いてたら、川越BASEの国医志望の浦高生が

 

13時間10分

 

という猛烈な勉強時間を報告してきた!

 

浦高理系の中でもガシガシの上位に食い込んでいる子だ。

 

そのレベルの子が13時間勉強してるんだよ?

 

浦和高校理系で上位にいる子が

 

必死に13時間勉強して、必死に目指して頑張ってるんだよ?

 

 

そういう子達のために

 

松江塾は、やれることは全部やる。

 

やった方が良いと判断したことは全部やる。

 

教室だって増やす

 

座席も増やす

 

オンラインの仕組みも強化する

 

壁だってぶっ壊す!