川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

夕方の2時間

 

小学生にとって、夕方の2時間は貴重である。

 

何かをやるには短く、何もやらないには長い時間。

 

習い事もあるだろうが

 

その習い事の先に何があるか。

 

我が家もサッカーにバスケと、それなりに全力で取り組ませてきたから分かる。

 

仲間との切磋琢磨や体力作り

 

自己肯定感や負けん気の育成

 

没頭感やストレス発散

 

などなど。

 

得たものは無駄ではなかったと思う。

 

しかし

 

しかし、である。

 

我が子がそれに没頭している夕方の2時間

 

ガッツリ勉強をしている子たちは間違いなく、いる。

 

特に都内にわんさかと。

 

いずれ「大学どこですか?」

 

と聞かれた時に

 

「一応、東京大学です」

 

京都大学っすねー」

 

一橋大学…知ってますか?」

 

「トウコウダイデス」

 

医学部医学科です」

 

と答える子達の大半は

 

習い事の時間はゼロではないにしろ、

 

まず間違いなく夕方の大半の時間を勉強に注いでいるのである。

 

これはどうシンプルに考えても納得でしょ?

 

 

勉強は勉強することでしかできるようにはならないからね。

 

小学生の自学日

 

まさかその貴重な夕方の2時間を計算や漢字に使うことはない。

 

頭使わなくてもできるようなことは、頭を使う時間と頭を使う時間の間にやれば良いのさ。

 

ということで、自学日の具体的な方針を煮詰めながら夏期講習後半に挑んでいく。

 

まずは小6の国語ね。