川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

中1と高1が肝

 

「最初が肝心」

 

という言葉は聞いたことがあるだろう。

 

文字通り受け取れば、何かを始めるときは一番最初が大切であり、

 

その時に方針や行動をしっかり決めてかかること

 

なんていうのが想像できるはず。

 

しかしこの仕事をしていて思う。

 

 

最初が肝心

 

とは

 

「いつを最初とするか」

 

 

これを言ってるんじゃないかと。

 

 

数日前に告知した

 

松江塾川越BASE

 

すでに10名以上の方が仮予約をしてくれているが、

 

新規に申し込んでくれた方々は例外なく「高1」なんだよね。

 

高2や高3はすでに高校生活をスタートさせ、

 

日々のルーティーンが出来上がっているんじゃないだろうか。

 

そこに親が

 

「こういう仕組みがあるみたいよ?」

 

と声をかけても、出来上がっている自分のルーティーンを考えると…

 

「いや、いらないかな」

 

ってなると思うんだよね。

 

 

勉強に関して何かを始めるには

 

 

 

小1

中1

高1

 

 

 

やっぱり肝になるタイミングって、あると思うんだ。