川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

でも、我慢だ

 

毎日毎日、中1と中2には音読だけではなく自学も提出してもらっている。

 

その日に取り組んだ自学内容をそのまま写真に撮ってLINE送信ね。

 

解いたノート画像だったり、テキストやワークだったり。

 

2学年、増えに増えてすでに100名を超えてるんだけどさ

 

全員の自学が手元に送られてくるわけだよね

 

するとね、

 

自学量の差がデカすぎる

 

もうね、これはね

 

LINEを開く前に分かるんだよね。

 

f:id:goumaji:20210927100006j:image

 

これは音読だけってパターン

 

f:id:goumaji:20210927100036j:image

 

これは自学が数ページ分ってことね。

 

 

でもね、こういう子もいるんだ。

 

f:id:goumaji:20210927100113j:image

 

毎日全員のLINEを開くから、数日分溜まってるわけじゃないよ?

 

これは、今日取り組んだ自学画像の量だからね。

 

 

多けりゃいいってもんじゃない?

 

いやいや

 

これまでのテスト結果と自学量、きっちり相関関係あるからね。

 

 

こうなるとね、「全員に同じ課題を課した方がいいのでは?」ってなるよね。

 

でも、しない。

 

もし上の3人に10ページ分の課題を出したとするよね

 

すると、一番量が多かった子に「分量の天井」を作ってしまうことになる。

 

さらに2番目の子には少し負荷が多い。するとその子は終わらせることが目的になり、作業化してしまう。

 

さらに一番量が少ない子には、負荷がデカすぎて何日分も溜め込んでドロップアウト

 

松江塾は「自学ができる子に」という大きな目標があるから、本人の「能動力」を大切に育てるんだ。

 

能動力が46の子、4の子、1の子

 

能動力には差があるから、そこを無視すると自学力が育つ子が減るんだよね。

 

僕の手元で見える差は僕自身焦るものはある。

 

しかし

 

ここはグッと我慢が必要なのである。