川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

国語音読をさせるとハッキリする

 

中1、中2は国語の教科書音読に突入。

 

英語と同じように、試験範囲の文章を毎日録音し、僕に提出。

 

さすがに一人分が長いので、ある程度飛ばし飛ばしで聞いているのだが・・・

 

これが本当に「予想通り」で納得と後悔の嵐だ。

 

普段の定期テストで国語が90点、80点台後半の子と、

 

それ以下の子達とで、もう明らかに違うのだ。

 

目から入る文字情報、頭に入れて理解して声に出す。

 

その「文字数」が明らかに違う。

 

この文字数の違いが理解力や想像力、思考力の違いを生むことは言うまでもない。

 

目で追えないのか

 

理解できないのか

 

いろんなところで「回路の目詰まり」が起きている感じなんだよね。

 

昨日が初日。

 

ここから7日連続で同じ文を声に出して読んでもらう。

 

自転車の錆びたチェーンに油をさすような感じで

 

明らかに早く、スムーズになっていくことだろう。

 

 〜加筆〜

 

後悔の部分について書いてなかった・・・。

 

そうね

 

後悔。

 

音読の音源提出ってさ、ごまかしができないじゃん?

 

毎日チェックして、名簿に記入しているし、

 

それを全員が見れられるように公開するし。

 

LINEで提出されるから、出した出してないがハッキリ分かるし。

 

 

 

音読が短期的な点数のためだけじゃなく、脳そのものを成長させることは明らかなので

 

これをどうしてもっと早くできなかったのか。

 

 

あの子も、あの子も、あの子も。

 

 

きっと当時から音読課題をやっていれば、もっと違った結果になったんじゃないだろうか。

 

そんな後悔にも耐えながら、今の生達の音読を聞いている・・・。