川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

教育ママ、実はアナログ派が多い

 

これ、気づいている塾関係者は多くない。

 

この業界にいると、次から次へと便利な教育用ツールが出てくる。

 

その度に、「これはすごい!」と思って取り入れる。

 

でもね

 

実は教育ママの多くはアナログ派なんだよ。

 

別にバカにしているわけじゃないよ。

 

これって、よく考えてみたら当たり前なんだ。

 

教育ママっていうのはね

 

子供が生まれた瞬間から、我が子をとにかくじっくり見るんだよ。

 

ネットの中の情報ももちろん見たりはするけど

 

基本的に視界に入っているのは

 

リアルな我が子の一挙手一投足なんだよね。

 

子供を膝に乗せて、絵本の読み聞かせをする。

 

手を繋いで公園に行き、道端の草木を一緒に見る

 

語りかけながら。

 

子供と目を合わせ、その視線の通り道に言葉という情報を乗せて届ける。

 

そうやって、とにかく「リアルな我が子」を見つめながら育てていくんだよ。

 

そこにデジタルなツールが登場する頻度は

 

あまり多くないんだ。

 

 

そりゃ、中には使いこなしている人もいるとは思うよ?

 

 

でも

 

 

実際に僕に連絡をくれる人たちの多くは

 

「LINEはあまり慣れてなくて・・・」

 

「zoom?よくわかりません・・・」

 

という人もかなりいるんだよね。

 

 

僕らは「教育ツール」へのアンテナ感度が高い。

 

情報も食い気味に取りにいく。

 

 

でも

 

 

そこに教育ママ達とのズレが確実に存在していることを

 

忘れちゃいけない。