川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

良い流れに流されなさい

 

小学校の時

 

プールの時間の最後に、みんなの力で流れるプールを作ったのが

 

とても楽しい思い出として残っている。

 

これは僕だけじゃないはず。

 

25メートルプール、みんなが壁際に行って大きな輪になり

 

同じ方向に動き出すんだ。

 

f:id:goumaji:20210203103536j:image

 

こんな感じでね。

 

 

最初はメチャクチャ大変だよ。

 

単なる水中ウォーキングだから。

 

でも、しばらくすると

 

プールの中の水が少しずつ動き出すことが体感できる。

 

それとともに、歩くために必要な力も少なくてすむようになる。

 

それでも前に進もうと頑張る。

 

すると、今度は身体が後ろからの水に押されるような感覚を感じるようになる。

 

流れるプールの完成だ。

 

僕にとっての松江塾は

 

まさにあのイメージなんだよ。

 

僕は最初はプールの真ん中にいて

 

全く知識のない子達に

 

これから何をすべきかを伝える。

 

そして笛を吹く。

 

みんな、最初はなんでこんなことをするのか分からずに

 

必死で同じ方向に進もうとする。

 

こんなこと意味あるの?

 

この先、どうなるの?

 

そんな顔をしている子達もいる。

 

中には離脱してプールサイドに上がってしまう子もいる。

 

それでも僕は鼓舞しながら笛を吹き続ける。

 

しばらくすると

 

何かを感じる子が出始める。

 

その子達が周りに何かを伝えるようになり

 

みんなの中に「共通意識」が伝播していく。

 

するとどうだ

 

今度は「笑顔」の子が出始める。

 

もうその頃には仕組みも目的も

 

みんなが理解している状態になる。

 

もう、誰も僕の鼓舞は聞いてない。

 

というか

 

その時には僕はプールサイドにいて

 

楽しそうに笑いながらぐるぐる回るみんなを見ている。

 

いや、

 

すでに更衣室で着替えてるかもね。

 

 

あとは時間が来るのを待つだけ。

 

 

時間になり、笛を吹く

 

 

するとみんなの残念そうな顔

 

でも

 

楽しさに満足した顔

 

 

時間だよ

 

君達はもう、別の場所の50メートルプールに行かないといけないんだ。

 

みんなバラバラかもしれないね。

 

でも

 

やることは一緒だよ

 

最初はキツイかもね

 

会ったこともない子達と一緒に

 

今よりももっと大きいプールだからね

 

流れるプールの完成まで

 

今の2倍も3倍も時間がかかるかもね。

 

 

でも

 

大丈夫だよね?

 

 

その先に、ちゃんと流れるプールがあることは

 

 

もう分かってるんだから。

 

 

 

さあ

 

 

行きなさい。

 

 

僕はこの場所から離れるわけにはいかないんだ。

 

 

一緒には行けないよ

 

 

次の子達が

 

 

また「何やるんだろ…」って不安な顔してやってくるのを

 

 

プールの真ん中で笛を咥えて待ってなきゃいけないからね。

 

 

 

でも、このプールはこの先もここにあるから。

 

 

 

苦しくなったら見に来なよ

 

 

 

楽しそうに笑いながら流れてる後輩達の姿を見たら

 

 

君もまた頑張ろう!って気持ちになると思うから。