川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

特効薬なんてないから笑

 

僕は勉強をダイエットにたとえて書くことが多い。

 

なんでだと思う?

 

それはね

 

子供にとっての勉強は

 

親にとってのダイエットに近いから。

 

やらなきゃいけないのは分かってる

 

やったらいろんな良いことが起きるのも分かってる

 

でも

 

ついつい「明日から…」となる。

 

別に今日頑張らなくても困ることは起きないし

 

周りを見れば同じような感じの人も多い

 

気がつけば

 

もうどうにもこうにも…な感じになる

 

 

健康診断に行けば医者から「もう少し…」と言われて

 

うすら笑い。

 

 

 

勉強と違うのは

 

それによって自分の進路が割り振られないってこと。

 

でも、

 

勉強は外見からは出来不出来は分からないが

 

ダイエットに関しては見た瞬間に分かる

 

 

 

 

さてさて

 

 

ダイエットに最善なのは何か。

 

 

 

食事を減らす

 

運動をする

 

 

まあ、大きく分けるとこの2つだね。

 

 

 

そして、さらにその負荷を上げること。

 

 

これによって効果は出る。

 

 

ただ困ったことに

 

 

期待するダイエット効果と、そのための努力量には

 

 

思っているよりも大きな差があるんだよね。

 

 

 

 

これだけ頑張ってるんだから、来週末までに2キロは減るだろう!

 

 

って思って体重測ったら

 

0.5キロしか減ってない

 

 

そんなことはざらにあるよね。

 

 

だから落胆して継続できない…

 

 

だいたいこんな感じでしょ?

 

 

 

なんで我が子の学力が期待したよりも上がらない?

 

なんで本気にならないの?

 

 

何考えてるか、さっぱり分からない!!

 

 

そう思ってイライラするのなら

 

 

さあ

 

 

上着を抜いで、全身鏡の前に立ってみようか。

 

 

 

腹筋に力を入れてみようよ

 

 

お腹の肉を摘んでみ?

 

 

背中の肉

 

 

内腿

 

 

二の腕のお振袖

 

 

顎の下のお肉の方様

 

 

 

 

 

 

ねえ

 

 

なんで痩せないの?

 

 

なんで筋肉ついてないの?

 

 

 

 

その方が健康に良いってことは分かりきってるのに。

 

 

 

いつから頑張るの?

 

 

なんで本気にならないの?

 

 

やらない理由探しは聞き飽きた。