川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「もっとやれたんじゃないか」を残させない

 

受験が終わり、不本意な結果になった子達

 

そのほとんどが

 

「もっと頑張っておけば」

 

「もっとやれたんじゃないか」

 

そう思うはずだ。

 

 

 

そうだよ

 

君は

 

もっとやれたはずだ。

 

 

 

じゃあ、聞くが

 

その「もっと」の具体的な中身は何だ?

 

 

何をもっとやればよかった?

 

 

 

ほら

 

具体的に想像するんだよ。

 

 

 

君は落ちたんだよ。

 

 

今年の合格発表はネット上で行われる。

 

PC か?

 

タブレットか?

 

スマホか?

 

何で見たのかは知らないが

 

君の番号はなかったんだ。

 

その現実を

 

具体的に想像してみなよ。

 

 

あれだけ行きたかった高校だ。

 

でも

 

君の番号はなかった。

 

 

何回見ても同じ。

 

ないものはない。

 

 

全身の毛穴が開く感覚

 

急に高鳴る動悸

 

溢れ出る涙。

 

 

でもさ

 

ないものはない。

 

 

 

受かりたかったよな

 

うん

 

分かるよ。

 

どうしても行きたかったんだよな。

 

 

分かる分かる。

 

でも

 

落ちたな。

 

 

 

 

 

さあ

 

 

何が足りなかった?

 

何をもっとやっておけばよかった?

 

50日前に戻れるとしたら

 

そこから何をやる?

 

 

何をやれば君の番号はそこに書かれていたと思うんだ?

 

 

 

 

 

 

そうか

 

わかった。

 

 

 

なら、50日前の今日

 

それをやればいいんじゃないか?

 

 

 

 

そしたら受かるんだろう?

 

 

 

 

ほら

 

 

あと50日「も」あるぞ。

 

 

 

何をやったっていいんだ。

 

 

何もかもが自由なんだ。

 

 

受かるために君に必要は知識は

 

 

一体なんだ?