川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

犬の体内時計について

 

新宅に引っ越して数週間が経過した。

 

相変わらず少しずつ旧宅の備品を新宅に運び、

 

どこに何を置くか、という細かいことを

 

我が天使な奥様がコツコツとやってくれている。

 

彼女曰く

 

「大物を運んで引っ越しはおしまいじゃなくて、ここからが大変なんだよー。分かってる?笑」

 

16年間、普通の人に比べると遥かに高いレベルで断捨離を続けてきた奥様だが

 

それでも備品全ての新しい位置決めには苦労しているようだ。

 

そして

 

その場所をきっと永遠に覚えないであろう僕…

 

「ねえ、あれどこにある?あれは…」

 

「引き出しの上から二番目の奥の方よ」

 

なんていうミラクルな夫婦の会話が

 

きっとこれから何年も続くのだろう笑

 

 

 

 

 

さて

 

そんな新宅での生活も

 

何となく違和感を感じなくなってきている。

 

 

 

新たに買ったダイニングテーブル

 

その下にひくラグに

 

もう何回おしっこをしただろうか

 

我が家の3匹のワンコ達。

 

手のかかる子ほど可愛い

 

まさにそんな3匹である。

 

 

旧宅時代は僕らの布団の中に入り

 

ガッチリ身体をホールドするように寝ていたが

 

新宅ではのんびり身体を伸ばして寝たいよねってことになり

 

寝室にケージを持ち込み、そこで寝てもらうことにした。

 

ケージは2個あり、

 

その二つの入り口のドアを外し、向き合うようにくっ付けると

 

あら♫

 

2軒分の広さに♫

 

ケージは上が開くから、そこから入れたり出したり。

 

これ、最高じゃん♫

 

やるじゃん、ゴーにゃん♫

 

そんな感じで、夜は犬はケージで人間はベットで、という生活が始まった。

 

 

いや

 

始まるはずだった…

 

 

 

 

 

新宅での初夜

 

 

ワン達3匹をケージに入れ

 

寝室の電気を消して

 

一瞬の静寂の後

 

 

 

 

 

カシャーン

 

 

カシャーン

 

 

カシャカシャーン

 

 

 

ガチャガチャ

 

 

ガッチャーン!

 

 

 

 

 

 

 

 

ダメだ笑

 

 

 

見ると、トイプードルのViviが

 

真顔でこちらを見ている。

 

 

 

なにこれおかしくない?私は生まれてからずっと一緒に寝てきたじゃないの。

 

 

そんな思いが込められた目でこちらを見るVivi

 

 

 

愛犬家であれば、

 

あの目に耐えられる人はいないだろう。僕はそう思う。

 

 

Viviをケージから出し

 

ベッドの上に置いた。

 

 

 

しばらく布団の匂いを確かめ、身体を擦りつけ

 

ベストポジションを決め、

 

すーっと眠りにつくV ivi

 

 

 

きっと、他の2匹もこれの見て

 

同じことを繰り返すんだろうな…

 

 

そう思いながら横になった。

 

 

 

 

 

しかし!

 

 

 

他の2匹は2軒分の広さのケージと毛布が気に入ったのか

 

 

そこでスヤスヤと寝た。

 

 

 

 

今現在、この就寝スタイルが定着。

 

 

 

 

僕と奥様とViviが同じベッドで

 

 

その足元に置いた2軒分のケージに麦丸とTila

 

 

 

 

そんな感じで落ち着き、僕も身体をロックされることもなく

 

 

快適に寝ている。

 

 

ただ一点、「Tilaの体内時計」問題を除いては…

 

 

 

 

なぜかTila、朝の決まった時間になると

 

 

ケージの中で

 

 

 

ヒーンヒーン!

 

 

 

と鳴き始める。

 

 

 

 

ケージの中にトイレはあるので

 

 

 

明らかに「ここから出せ!」と訴えているのだ。

 

 

最初のうちは

 

 

 

「なんだよ、まだ早いじゃん…」

 

 

そう思っていたのだが

 

 

僕はその鳴き始める時間が

 

 

 

毎日全く同じだということに気づいてしまった。

 

 

 

その時間は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6時40分!

 

 

 

 

これ、真島家の朝のスタートより5分早いんだ笑

 

 

 

 

Tilaよ

 

 

 

もう5分、なんとかならん?

 

 

 

 

その朝の5分、めちゃくちゃ貴重なんだよな。

 

 

 

 

 

目覚ましの音で起きるよりは快適なんだけどね

 

 

 

 

あと5分、なんとかならんの?

 

 

 

 

 

マジで笑